シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
M mark アミノ酸ヘアトリートメント
(松山油脂
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

M mark アミノ酸ヘアトリートメント

松山油脂


M mark アミノ酸ヘアトリートメント のオススメレベル

M mark アミノ酸ヘアトリートメント の解析結果

酸性であることが一番の特徴である石けん用リンス。


アルキル(C12・14)オキシヒドロキシプロピルアルギニンHCl、ホホバといった潤滑成分を加え、シンプルな設計の酸性トリートメントです。

滑らかで最低限のコンディショニング効果を付与した一品といえ、石けんのアルカリ、またカラー、パーマのアルカリを除去する際にも役に立つ製品です。

軽度のダメージ毛であれば問題ありませんが、ある程度傷んでいる場合はこのクオリティでは対応できないでしょう。

基本的には石けん用であるということを前提としているので、ライトなリンス的性質の一品です。

[PR]

M mark アミノ酸ヘアトリートメント の全成分:

水、ベヘニルアルコール、グリセリン、乳酸セチル、パルミチン酸イソプロピル、アルキル(C12・14)オキシヒドロキシプロピルアルギニンHCl、BG、ヤシ脂肪酸ソルビタン、ホホバ油、ミリスチン酸イソセチル、エタノール、トコフェロール、乳酸

主な成分の解説をみるパルミチン酸イソプロピルはパーム油からパルミチン酸を、イソプロパノール(アルコールの一種)と化合したエステル油。軽い感触でベタつきなく、浸透性、柔軟性が良い油性基剤。
アルキル(C12,14)オキシヒドロキシプロピルアルギニンHClはアミノ酸系カチオン界面活性剤で、生分解性に優れ滑らかな感触を付与します。
ホホバ油(ホホバ種子油)はメキシコ北部の乾燥地帯に自生しているカン木の種子から得た液体ロウ。他の植物油脂に比べ酸化しにくく、皮膚になじみさっぱりしている使用感。抗ニキビ、フケ作用も。

    M mark アミノ酸ヘアトリートメント の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.3

  • 潤滑性 2.5
  • 効果の深さ:1.5
  • 補修力:1.5
  • 持続性:1.5
  • 安全性:4
  • 即効性 2
  • 費用対効果:2

  • 容量/180ml
  • 価格/1050円
  • 1mlあたり/5.83円

M mark アミノ酸ヘアトリートメント の宣伝文,商品説明:

石けんシャンプー用の酸性トリートメントです。
髪の潤いを守るホホバ油と、タピオカの澱粉からとれるアミノ酸を原料にしたコンディショニング剤を配合。
キューティクル保護効果を一層高めました。シャンプー後の髪にしっかりと行き渡り、浸透します。傷んだ髪や、パサつきが気になる毛先にもなめらかさとしっとり感を与えます。
髪の中和作用があるので、リンス代わりとしてもお使いいただけます。