シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ムコタオイル20油
(中川美容研究所
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

ムコタオイル20油

中川美容研究所


ムコタオイル20油 のオススメレベル

ムコタオイル20油 の解析結果

20種類?のオイルを髪に。


ジメチコンも一応オイルという扱いなのかと思いますが、2番目の配合です。
基本的にはオイルとしての機能は高いです。
マカデミア、メドウフォーム、ユチャといった解析でおなじみの優秀なオイルも配合されています。
油分の特徴である保湿効果、ツヤ、手触りの改善といった効果を実感出来る内容です。
中でも、ベース部分はさらりとした感触のものが多く配合され、ベタつきをおさえた仕上がりも特徴といえるでしょう。

[PR]

ムコタオイル20油 の全成分:

水添ポリイソブテン・ジメチコン・アーモンド油・ブドウ種子油・ダイズ油・ククイナッツ油・パーシック油・ゴマ油・コーン油・ユチャ油・オリーブ油・サフラワー油・スクワラン・ヒマワリ油・ヘーゼルナッツ油・ホホバ油・マカデミアナッツ油・メドウフォーム油・ヤシ油・ローズヒップ油・トコフェロール・シコンエキス・カロットエキス・ミリスチン酸オクチルドデシル

主な成分の解説をみる水添ポリイソブテンは油性基剤で、エモリエント性、増粘性、光沢を与える効果。
ジメチコンは最も代表的なシリコーンオイル。透明、無臭、化学的・熱的安定性、透湿性、撥水性、潤滑性に優れた不揮発オイル。
アーモンド油はオレイン酸を多く含み、リノール酸も含有することからエモリエント作用に優れます。
ブドウ種子油は軽いタッチが特徴のオイルでリノール酸、トコフェロールを多く含み、抗酸化作用を特徴とします。
ククイナッツ油はハワイに自生するポリネシア由来の植物種子油。リノール酸、α−リノレン酸、ビタミン類を含み、抗炎症・抗アレルギー効果のある保湿作用を付与します。
ゴマ油は色や匂いがほとんどなく、さらっとした感触のオイル。
ユチャ油はアブラツバキの種子から抽出したオイルで、ベタつきのないしっとりした感触を与える。
オリーブ油は”水油”と呼ばれるように、液体の油で肌や髪に少し浸透してエモリエント感を持続させます。
サフラワー油はリノール酸、オレイン酸を主体とした柔軟性を与えるオイル。
スクワランは人の皮脂にも3-4%含まれる保湿成分で、刺激なく油分と水分を乳化させ保湿作用を示し、不足すると肌の乾燥、代謝の低下をまねきます。
ヒマワリ種子油はセラミドを誘導し、肌バリヤを改善する効果。
ヘーゼルナッツ油はパルミトレイン酸を多く含む肌なじみの良い、感触に優れたオイルで、ツヤ、しなやかさを 与える。
ホホバ油(ホホバ種子油)はメキシコ北部の乾燥地帯に自生しているカン木の種子から得た液体ロウ。他の植物油脂に比べ酸化しにくく、皮膚になじみさっぱりしている使用感。抗ニキビ、フケ作用も。
マカデミアナッツ油はパルミトレイン酸を多く含み、人の皮脂に類似したエステル。肌なじみが非常によく、保湿効果も高い。
メドウフォーム油は北カリフォルニア、南オレゴンなどに自生するメドウフォームの種子から抽出されたオイルで、エイコセン酸を主成分とし、しっとりと滑らかでべたつかない感触を与える。
シコンエキスは別名ムラサキ根エキスともいい、シコニン、アセチルシコニンを含有。高い抗炎症・抗菌性や、創傷治癒効果、ニキビの予防作用などを付与。

    ムコタオイル20油 の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.5

  • 潤滑性 3
  • 効果の深さ:1.5
  • 補修力:1.5
  • 持続性:2
  • 安全性:4
  • 即効性 2
  • 費用対効果:2.5

  • 容量/60ml
  • 価格/2730円
  • 1mlあたり/45.5円

ムコタオイル20油 の宣伝文,商品説明:

乾燥しがちの髪、 くせやダメージでまとまりにくい髪に最適!
20種類の天然植物オイルをブレンドし、水分を抱き包むタンパク油として注目されている細胞修復オイルです。毛髪の擬似キューティクルを造り、水分を抱き込みながら定着しツヤとサラサラ感を生み出します。