シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
無添加時代 ヘアパック
(リアル
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

無添加時代 ヘアパック

リアル


無添加時代 ヘアパック のオススメレベル

無添加時代 ヘアパック の解析結果

パック感は薄いが


ややエモリエントでスムースなコーティングのヘアパック。
強力ではなく、どちらかというと馴染みの良さだったりが特徴といえるタイプですが、
素材の質そのものはまずまず悪くありません。


潤滑性に富みながら、肌にとても低刺激で指通りの改善に優れます。
ヘアパックというより、コンディショナーとして優秀という認識でいいでしょう。
日常使いのコンディショナーとしてはアリです。


[PR]

無添加時代 ヘアパック の全成分:

水、水添ナタネ油アルコール、グリセリン、ジメチコン、水添パーム油、ミリスチルアルコール、ミツロウ、アルキル(C12、14)オキシヒドロキシプロピル、アルギニンHCI、ココイルアルギニンエチルPCA、ステアリルトリモニウムブロリド、マカデミアナッツ油、甘草エキス、ヒノキチオール、トウヒ油、ホップエキス、モモ葉エキス、クエン酸、エトキシジグリコール、エタノール、BG、イソプロパノール

主な成分の解説をみる水添ナタネ油アルコールはエモリエント効果、保護効果、光沢を与える乳化剤、油性基剤。
ジメチコンは最も代表的なシリコーンオイル。透明、無臭、化学的・熱的安定性、透湿性、撥水性、潤滑性に優れた不揮発オイル。
水添パーム核油はアブラヤシの種子由来。体温付近で融解するため、滑らかなタッチが特徴。
ミツロウは、ミツバチの巣の元となるロウを精製。融点が高く、コクを与えながら使用感が良いので保湿成分として用いられます。
ステアルトリモニウムブロミド(4級カチオン界面活性剤)は静電気防止、指通り改善、ダメージ部の疎水性を復元し、シリコーン類の定着を促進。比較的低刺激。
マカデミアナッツ油はパルミトレイン酸を多く含み、人の皮脂に類似したエステル。肌なじみが非常によく、保湿効果も高い。
ヒノキチオールは非常に高い抗菌活性を持つ成分で、配合量により肌刺激性の懸念が増す可能性を持つ殺菌剤です。
ホップエキスは抗酸化作用、抗菌作用、女性ホルモン様作用による育毛効果。また、メラノサイトを活性化させる作用があり、白髪の予防も期待されます。
モモ葉エキスは抗炎症作用。