シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
my name is トリートメント
(mono
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

my name is トリートメント

mono


my name is トリートメント のオススメレベル

my name is トリートメント の解析結果

油分で全体を覆って潤滑させようというタイプです。


ですので、トリートメントというよりヘアマスク、ヘアオイルのようなものに近い構造といえるでしょう。
使われているオイルはなかなか質が良いものもあるので、使用感自体は悪くないと思います。

総合すると、
基本的にボリュームダウンさせたいとか、ダメージはそれほど大きくない髪の方向けといえるでしょう。
前述のとおり洗い流すヘアオイルといった特徴の一品なので、効果としてはほんのり髪表面を滑らかに調整する、保湿感を残す、というタイプになります。
ある程度ダメージの少ない方には感触の良い、刺激の少ないトリートメントとして活躍するでしょう。

[PR]

my name is トリートメント の全成分:

水、ブドウ種子油、ベヘニルアルコール、ステアラミドプロピルジメチルアミン、ステアリン酸グリセリル(SE)、 香料(イランイラン、ラバンディン、レモン、マンダリン、パルマローザ、ローズウッド精油使用)、トレハロース、 アルガニアスピノサ核油、ブロッコリー種子油、ユチャ種子油、プルーン種子油、ホホバ種子油、メドウフォーム油、 アストロカリウムムルムル脂、BG、ヒバマタエキス、ソウハクヒエキス、セイヨウイラクサエキス、アルニカエキス、 エタノール、イソステアロイル加水分解シルクAMP、アロエベラ液汁末、パンテノール、フェノキシエタノール

主な成分の解説をみるブドウ種子油は軽いタッチが特徴のオイルでリノール酸、トコフェロールを多く含み、抗酸化作用を特徴とします。
ベヘニルアルコールは菜種油から抽出した油剤で、融点が高くしっとりした感触を特徴とします。乳化安定性が優れた油性成分です。
ステアラミドプロピルジメチルアミンは3級のカチオン界面活性剤で、肌への刺激が抑えられていますがコンディショニング効果は低い成分。
トレハロースは2分子のグルコースが結合した非還元性の二糖。角質層の水分保持能を高める効果。
アルガニアスピノサ核油は、モロッコ南西部に自生する広葉常緑樹アルガンの種子から採れるオイルで、ビタミンEの含有量が多く抗酸化作用があり、エモリエント作用も期待されるオイルです。
ユチャ油はアブラツバキの種子から抽出したオイルで、ベタつきのないしっとりした感触を与える。
メドウフォーム油は北カリフォルニア、南オレゴンなどに自生するメドウフォームの種子から抽出されたオイルで、エイコセン酸を主成分とし、しっとりと滑らかでべたつかない感触を与える。
プルーン種子エキスはフルーティな芳香が特徴、さらにシルキーな感触で、安全性の高いベビー、敏感肌向けの化粧品で香料代用されることがあります。
アストロカリウムムルムル脂はヤシの一種から得た精製ムルムルバターと呼ばれる脂で、高い保湿性とコンディショニング効果を与えます。
ヒバマタエキスは抗菌作用、スリミング作用。
ソウハクヒエキスは抗炎症・美白・ニキビ抑制、紫外線防止効果。
セイヨウイラクサ葉エキスはアセチルコリン、ビタミン類、カロチノイド、アミノ酸による収れん作用・保湿・整肌作用、そしてアレルギーに抗する能力が認められます。
アルニカ花エキスは抗酸化作用、メラニン生成を抑制。
イソステアロイル加水分解シルクAMPはフィブロインを由来としたシルク誘導体で、ダメージ毛の保水力を向上させ、シルクのような指通り、潤いを与えます。