シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ナピュア フラッシュメント モイスチャーヘアパック
(ナプラ
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

ナピュア フラッシュメント モイスチャーヘアパック

ナプラ


ナピュア フラッシュメント モイスチャーヘアパック のオススメレベル

ナピュア フラッシュメント モイスチャーヘアパック の解析結果

たっぷりの抱水性、ツヤが特徴だが。


しっかりしたコーティングと高いエモリエント感で仕上げるトリートメントです。
一度使ってはっきりわかるほどに艶っぽく仕上がりますが、日常使いというより、特別な日に向けて使う、といったピンポイント使いがよいでしょう。


というのも、繰り返し使うとビルドアップにより感触を悪化させる可能性もあるためです。
たまに、ここぞという時に使う。心がけましょう。


[PR]

ナピュア フラッシュメント モイスチャーヘアパック の全成分:

水、セテアリルアルコール、グリセリン、ベヘントリモニウムクロリド、アモジメチコン、シクロペンタシロキサン、イソプロパノール、ジココジモニウムクロリド、ジメチコン、シメチコノール、ダイマージリノール酸(フィトステリル・イソステアリル・セチル・ステアリル・ベヘニル)、トリポリヒドロキシステアリン酸ジペンタエリスリチル、パルミチン酸エチルヘキシル、ステアルトリモニウムクロリド、シア脂、ポリソルベート60、リンゴ酸、(PPG-12・SMDI)コポリマー、BG、PEG-90M、メチルパラベン、プロピルパラベン、香料

主な成分の解説をみるベヘントリモニウムクロリドは4級カチオン界面活性剤で、しっとりした感触の柔軟剤です。
アモジメチコンはアミノ変性シリコーンで、毛髪を艷やか、滑らかな指通り性を向上させ、ドライヤーによる乾燥時間を短縮しダメージ軽減。
シクロペンタシロキサンは揮発性のシリコーンオイルで、さらっとした感触を残し、揮発していくので肌への残存感がありません。
ジココジモニウムクロリドはヤシ油脂肪酸にプラスイオンを付加して作られるカチオン界面活性剤。しなやかに指通りを改善し、静電気抑制効果を付与。
ジメチコンは最も代表的なシリコーンオイル。透明、無臭、化学的・熱的安定性、透湿性、撥水性、潤滑性に優れた不揮発オイル。
ジメチコノールは親和性が向上し、しっとりした感触を与えます。
ジメチコノール,シクロペンタシロキサンはジメチコンよりさらっとした使用感を与え、しなやかさとまとまり易さを付与。洗浄への耐久性も持ちます。
ダイマージリノール酸(フィトステリル/イソステアリル/セチル/ステアリル/ ベヘニル) (プランドゥールSH)はラノリンと同等の抱水性と、ツヤ、光沢性の付与、密着性の高さが特徴。
トリポリヒドロキシステアリン酸ジペンタエリスリチルは高抱水性をもつ油剤で、密着性の高い耐水皮膜を形成。
パルミチン酸エチルヘキシルは人工的に作られたベタつきのない油で、酸化安定性や使用感が天然油より良好。
ステアルトリモニウムクロリド(4級カチオン界面活性剤)はリンスでおなじみ柔軟剤成分ですが、刺激性がとても強く、強いタンパク変性作用を有するため頭皮につけたり、洗い流さない製品への配合はNG。
シア脂は、中央アフリカに分布するシアの種子から得た脂肪で、紫外線吸収、毛髪の滑り感低下抑制、キューティクル保護、毛髪強度向上、血行促進効果を付与。
リンゴ酸はフマル酸、ブドウ糖から合成して作られ、角質柔軟、pH調整目的で配合。弱酸性へ傾ける力が強く、刺激に感じる場合も。
適度に

    ナピュア フラッシュメント モイスチャーヘアパック の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.9

  • 潤滑性 3
  • 効果の深さ:2.5
  • 補修力:3
  • 持続性:3
  • 安全性:2.5
  • 即効性 3
  • 費用対効果:3.5

  • 容量/50ml
  • 価格/356円
  • 1mlあたり/7.12円

ナピュア フラッシュメント モイスチャーヘアパック の宣伝文,商品説明:

シンプルな2ステップ施術。
なりたいスタイルや髪の性質に応じて、スムース(さらさら)かモイスチャー(しっとり)に仕上げられます。