シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
Necoco(ネココ) オーガニックヘアオイル
(モルトベーネ
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

Necoco(ネココ) オーガニックヘアオイル

モルトベーネ


Necoco(ネココ) オーガニックヘアオイル のオススメレベル

Necoco(ネココ) オーガニックヘアオイル の解析結果

ユニークなタッチのオイル、しかし平凡


べたつかず、さらにバオバブ、馬油、ローレル油などユニークな素材の感触が楽しい一品であります。

ただし、特に持続性はなく、浸透して有益性を持たせることもあまりないため、総合的には平凡な印象で終わる可能性が高いでしょう。
決して悪くなく、感触は楽しめますが、それ以上のクオリティにはありません。


[PR]

Necoco(ネココ) オーガニックヘアオイル の全成分:

水添ポリイソブテン、テトラエチルヘキサン酸ペンタエリスリチル、ミリスチン酸イソプロピル、ジイソステアリン酸プロパンジオール、エチルヘキサン酸セチル、コハク酸ジエトキシエチル、ヒポファエラムノイデス油、ダマスクバラ花油、バオバブ種子油、アルガニアスピノサ核油、マカデミアナッツ油、オリーブ油、ローレル油、ジャスミン油、馬油、イソステアロイル加水分解コラーゲン、ローズマリー葉エキス、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、サトウキビエキス、トコフェロール、トリポリヒドロキシステアリン酸ジペンタエリスリチル、トリイソステアリン酸ポリグリセリル-2、イソステアリン酸、香料

主な成分の解説をみる水添ポリイソブテンは油性基剤で、エモリエント性、増粘性、光沢を与える効果。
テトラエチルヘキサン酸ペンタエリスリチルは低温でも液状を保ち、耐熱性、耐加水分解性に優れた乳化安定力が高いエステル。
コハク酸ジエトキシエチルは可溶化剤、エモリエント剤として用いられます。ただ、感触改良効果やpH安定性は優れているとまではいえません。
ヒポファエラムノイデス油はサジーと呼ばれるグミ科植物の果肉・種子由来のオイル。パルミトレイン酸やビタミン類がリッチで肌にハリを与える。
ダマスクバラ花油はブルガリアの稀少なバラ精油で、リラックス、女性ホルモン様作用、脳の活性化、消化器の活性化、更年期障害の軽減、汗、加齢臭を軽減、異性を惹きつける効果。
バオバブ種子油は、γ-リノレン酸,ビタミンA,D,Eやトリグリセライドを豊富に含み、乾燥やアレルギー肌、ダメージ毛に有効なオイルです。
アルガニアスピノサ核油は、モロッコ南西部に自生する広葉常緑樹アルガンの種子から採れるオイルで、ビタミンEの含有量が多く抗酸化作用があり、エモリエント作用も期待されるオイルです。
マカデミアナッツ油はパルミトレイン酸を多く含み、人の皮脂に類似したエステル。肌なじみが非常によく、保湿効果も高い。
オリーブ油は”水油”と呼ばれるように、液体の油で肌や髪に少し浸透してエモリエント感を持続させます。
ローレル油は非常にウッド調の香りの強い脂で、しっとりしたタッチが特徴といえます。
馬油は人間の皮脂に非常に近い組成を持ち、肌なじみが優れべたつかずに高い保湿作用を付与します。その他、美肌、コンディショニング効果、創傷治癒促進、抗炎症作用などを付与。
ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)(エルデュウ PS-203)は疑似セラミドと呼ばれ、ヒアルロン酸の2倍の保湿効果を発揮。ナノ化セラミドとも呼ばれ、保湿・浸透性が優れます。

    Necoco(ネココ) オーガニックヘアオイル の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.8

  • 潤滑性 3.5
  • 効果の深さ:2
  • 補修力:2
  • 持続性:2.5
  • 安全性:3.5
  • 即効性 2.5
  • 費用対効果:3

  • 容量/65ml
  • 価格/1620円
  • 1mlあたり/24.92円

Necoco(ネココ) オーガニックヘアオイル の宣伝文,商品説明:

7種の花・果実・種子由来オーガニック認定オイルを配合したノンシリコン処方のオーガニックヘアオイル。
サロン品質の美髪ケア成分、ヒートプロテクト成分、スモーキーカット成分配合。
ジャスミン精油を配合したリラックスフローラルの香りです。