シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
大島椿EXトリートメント
(大島椿
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

大島椿EXトリートメント

大島椿


大島椿EXトリートメント のオススメレベル

大島椿EXトリートメント の解析結果

普通以下


得意のツバキオイルの配合もほどほどに、至って普通のリンス同然な設計。いや、それ以下の品質とも言えます。

ステアルトリモニウムクロリドベースということで、肌の弱い人にはやや刺激的。
さらに、石鹸乳化のステアリン酸グリセリル配合という手抜きに近いような処方により、
髪にも頭皮にもメリットがあるとは思えない凡作に仕上がっています。

効果も小さく、負担は大きい。
当然、オススメすることはありえませんん。




[PR]

大島椿EXトリートメント の全成分:

水、ステアルトリモニウムクロリド、セタノール、オクチルドデカノール、BG、セテス-20、ツバキ油、ポリクオタニウム-10、ステアリン酸グリセリル(SE)、ヒマワリ種子エキス、オタネニンジンエキス、加水分解コンキオリン液、ジメチコン、クエン酸、ジステアリン酸PEG-150、メチルパラベン、香料

主な成分の解説をみるステアルトリモニウムクロリド(4級カチオン界面活性剤)は静電気防止、指通り改善、ダメージ部の疎水性を復元し、シリコーン類の定着を促進。
セタノールはセチルアルコールとも呼ばれるパーム・ヤシ油由来の飽和高級脂肪酸(要するに、脂です)。乳化物の安定性を高める効果が優れ、過脂肪剤、油性基剤として用いられます。
オクチルドデカノールは薄い皮膜を形成し、さらっとしたタッチを与える油性成分。
ツバキ油は、オレイン酸、リノール酸リッチなエモリエントオイルで、やや酸化されにくく固まりにくい性質のオイル。
ステアリン酸グリセリル(SE)のような古いタイプの自己乳化型乳化剤には石けんが乳化に使われている場合が多く、これは刺激の素ともいえます。
ヒマワリ種子エキスはヒマワリ種子より抽出したセラミド、糖質、リン脂質の働きで肌の保湿機能改善、キューティクル接着強化といった働き。
オタネニンジン根エキスは育毛、血行促進、コラーゲン産生促進、免疫増強、抗アレルギー、抗炎症作用。
加水分解コンキオリンは真珠由来のタンパク質で、うるおい、ツヤ、細胞活性化作用を付与します。
ジメチコンは最も代表的なシリコーンオイル。透明、無臭、化学的・熱的安定性、透湿性、撥水性、潤滑性に優れた不揮発オイル。

    大島椿EXトリートメント の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:1.7

  • 潤滑性 2
  • 効果の深さ:1.5
  • 補修力:1.5
  • 持続性:1.5
  • 安全性:1.5
  • 即効性 2
  • 費用対効果:1.5

  • 容量/200ml
  • 価格/1900円
  • 1mlあたり/9.5円

大島椿EXトリートメント の宣伝文,商品説明:

精製ツバキ油が髪を1本1本コートして補修します。
天然成分の精製ツバキ油・ヒマワリのセラミド・朝鮮ニンジンエキス・真珠たん白エキス配合。
うるおいを与え、傷んだ髪を毛先までなめらかに補修するトリートメントです。