シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
パックス お肌しあわせ ボディウォーター
(太陽油脂
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

パックス お肌しあわせ ボディウォーター

太陽油脂


パックス お肌しあわせ ボディウォーター のオススメレベル

パックス お肌しあわせ ボディウォーター の解析結果

これといってメリットを感じにくいタイプ


トレハロース、グリセリンで保湿を、ハッカエキスの清涼感、ラベンダー、ローズマリーの抗菌、ゼラニウム、オレンジの芳香といった天然エキス主体の作りが特徴です。
ただし、防腐目的と思われるヒノキチオールは刺激が強めな成分ですので、この製品の目的とはやや合わない可能性のある処方です。

化粧水としては保湿作用が極めて控え目で、グリセリンもトレハロースも吸湿性による保湿という特徴からも、乾燥した時期に使うと逆に肌の水分を取ってしまうといった間抜けな事になりかねません。
刺激性も否めないことから、この製品は使うべき場面が思い浮かばないなぁ、と感じます。
赤ちゃんにもお勧めはしません。

[PR]

パックス お肌しあわせ ボディウォーター の全成分:

水、エタノール、グリセリン、トレハロース、セイヨウハッカエキス、ローズマリーエキス、オウバクエキス、ラベンダー油、ニオイテンジクアオイ油、オレンジ果皮油、ヒノキチオール、クエン酸、クエン酸Na

主な成分の解説をみるグリセリンは界面活性剤の刺激を抑えたり、やや持続する保湿効果、肌弾力アップ、肌の代謝促進効果を持ちます。3つある水酸基に水分子がつくことで保湿効果を発揮。安価でしっとりした素材。
トレハロースは2分子のグルコースが結合した非還元性の二糖。角質層の水分保持能を高める効果。
セイヨウハッカ葉エキスは抗酸化作用、ヒアルロン酸産生促進作用、皮脂の抑制、収斂、血行促進効果。
ローズマリーエキスはシソ科のエキスで消臭・静菌・抗酸化作用を持ち、ヨーロッパでは肉の鮮度向上のために料理に使われる。
オウバクエキス=キハダ樹皮エキスは抗炎症、収れん作用、抗菌作用を付与。
ラベンダー油はシソ科の精油で、タンニン、リナロール、リモネンで構成されています。ハッカに似た芳香性を持ち、鎮痛・精神安定・殺菌効果を持つ。
ニオイテンジクアオイ油はゼラニウムとして知られ、ミントを含んだようなバラの香りが特徴。
精神高揚作用や皮脂コントロール機能を持ち、すべての肌のタイプに良い影響を与えると言われています。
ヒノキチオールは非常に高い抗菌活性を持つ成分で、配合量により肌刺激性の懸念が増す可能性を持つ殺菌剤です。

    パックス お肌しあわせ ボディウォーター の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:1.8

  • 潤滑性 1.5
  • 効果の深さ:1.5
  • 補修力:1.5
  • 持続性:1.5
  • 安全性:2
  • 即効性 2
  • 費用対効果:2

  • 容量/150ml
  • 価格/840円
  • 1mlあたり/5.6円

パックス お肌しあわせ ボディウォーター の宣伝文,商品説明:

●お肌をひきしめ、潤いを補うさっぱりとした感触の全身用化粧水です。
●日本アルプスの天然水に天然由来の保湿成分トレハロースを配合
●ラベンダー、ゼラニウム、オレンジの爽やかな香りです。
●合成界面活性剤、合成保存料は使用しておりません。