シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
レフィーネトリートメント
(ヘアテック・ジャパン
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

レフィーネトリートメント

ヘアテック・ジャパン


レフィーネトリートメント のオススメレベル

レフィーネトリートメント の解析結果

アプローチを変えたトリートメント。


カチオン界面活性剤を使わない!という、挑戦的なウリ文句のトリートメント。
しかし、ベースのジメチルステアラミン、これは、カチオン界面活性剤です。

それはさておき、トリートメントとして単に見てみた場合、多少潤滑性を与える内容で頭皮にもエキス類が微妙に良い影響を与えそうではあります。
いずれにしても、オススメ度合いとしてはあまり高くはなり得ないレベルですが。。


[PR]

レフィーネトリートメント の全成分:

水・ミリスチルアルコール・水添ポリイソブテン・ジメチルステアラミン・ベヘニルアルコール・コカミドMEA・ミリスチン酸・ヘキシルデカノール・シア脂・ヒバマタエキス(海藻エキス)・ツバキ油・カンゾウ根エキス・スクワラン・アジピン酸ジイソブチル・乳酸・加水分解コムギ・グリセリン・水酸化レシチン・ローズマリー葉エキス・オタネニンジン根エキス・カミツレ花エキス・フユボダイジュ花エキス・オトギリソウエキス・ヒキオコシエキス・クララ根エキス・ゼニアオイエキス・ヨーロッパシラカバ樹皮エキス・シソ葉エキス・ボタンエキス・テオブロマグランジフロルム種子脂・ローズ油・パルマローザ油・ニオイテンジクアオイ油・カラメル・(加水分解シルク/PG-プロピルメチルシランジオール)クロスポリマー・PEG-90M ・DPG・BG・フェノキシエタノール・ジメチコン

主な成分の解説をみる水添ポリイソブテン、ジメチコンはドライ時のサラサラ感・滑らかさがとても優れたジメチルシリコーンブレンド。ウエット時の櫛通りも良。感触改善のバランスが良い特徴があります。
シア脂は、中央アフリカに分布するシアの種子から得た脂肪で、紫外線吸収、毛髪の滑り感低下抑制、キューティクル保護、毛髪強度向上、血行促進効果を付与。
ヒバマタエキスは抗菌作用、スリミング作用。
ツバキ油は、オレイン酸、リノール酸リッチなエモリエントオイルで、やや酸化されにくく固まりにくい性質のオイル。
スクワランは人の皮脂にも3-4%含まれる保湿成分で、刺激なく油分と水分を乳化させ保湿作用を示し、不足すると肌の乾燥、代謝の低下をまねきます。
アジピン酸ジイソブチルは皮膚に柔軟性、潤滑性を与え、製品の展延性も高める粘土の低い油性成分です。
ローズマリー葉エキスは抗酸化作用、皮脂の抑制作用、メラニン生成を抑制、収斂、血行促進作用。
ゼニアオイエキスはコラーゲン産生促進、女性ホルモン様作用により肌のハリを高めます。
シソエキスは抗炎症、防腐、収れん作用を特徴とするペリラアルデヒド、α-リモネンなどを含有。
テオブロマグランジフロルム種子脂クパスオイルと呼ばれ、抱水力はラノリン以上。チョコレートの原料にも使われるリッチなオイルです。
ローズ油は古代から愛されてきたバラの精油で、女性的な甘く深い香りが気分高揚効果、エチケット効果などを与えます。
ニオイテンジクアオイ油はゼラニウムとして知られ、ミントを含んだようなバラの香りが特徴。
精神高揚作用や皮脂コントロール機能を持ち、すべての肌のタイプに良い影響を与えると言われています。
(加水分解シルク/PG-プロピルメチルシランジオール)クロスポリマー(Protesil LH)はシルクとPGシラン化合物の架橋型ポリマーで、しっとり&さらさらな感触。ビルドアップせず、カラーロック効果も。

    レフィーネトリートメント の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.1

  • 潤滑性 2.5
  • 効果の深さ:1.5
  • 補修力:2
  • 持続性:2
  • 安全性:2.5
  • 即効性 2
  • 費用対効果:2

  • 容量/250ml
  • 価格/2625円
  • 1mlあたり/10.5円

レフィーネトリートメント の宣伝文,商品説明:

毛髪への浸透性が高く、しっとりしなやかで、サラサラの髪に。
頭皮に付着しやすいカチオン界面活性剤は使用していません。
髪に潤いを与え、スタイリングを美しく保ちます。
ヘアカラーの色の定着と退色防止の効果があり、パーマの持続性を高めます。紫外線も防止!