シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
レティア プロケアヘアトリートメント
(レティア プロケアヘアトリートメント
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

レティア プロケアヘアトリートメント

レティア プロケアヘアトリートメント


レティア プロケアヘアトリートメント のオススメレベル

レティア プロケアヘアトリートメント の解析結果

セラミド系コンディショナーというような一品です。


比較的マイルドな印象の設計で、優しく潤いで包むことを目的としているタイプのトリートメントです。


18-MEAと呼ばれる分岐脂肪酸や、擬似セラミド、ヒートプロテインを配合した機能性トリートメントと呼べる一品です。
際立って優れた効能があるわけではありませんが、比較的肌に優しく、一般的なコンディショナーなどよりは効きが良い部類の製品といえます。

セラミド系の成分がいくつかあることで、ナチュラルでしっかりとした保湿効果を与えることができるでしょう。

ただし、やはり使ってハっとするようなずば抜けた効能は持ちません。じわじわ系です。


[PR]

レティア プロケアヘアトリートメント の全成分:

水,セタノール,プロパンジオール,ベヘントリモニウムクロリド,エチルヘキサン酸セチル,ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル),ユチャ油,ローズマリー葉エキス,カミツレ花エキス,セージ葉エキス,分岐脂肪酸(C14-28),脂肪酸(C14-28),ゆずエキス,アルニカ花エキス,ローマカミツレ花エキス,セイヨウキズタ葉/茎エキス,オドリコソウ花エキス,ゴボウ根エキス,セイヨウアカマツ球果エキス,オランダカラシ葉/茎エキス,ニンニクエキス,加水分解コンキオリン,(ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ)ヒドロキシプロピル加水分解コラーゲン,加水分解シルク,クエン酸,イソプロパノール,BG,イソステアリン酸,オレス-50,トコフェロール,メチルパラベン,プロピルパラベン,香料

主な成分の解説をみるプロパンジオールはデンプンを発酵して得たグリコールの一種で、高い抗菌性、良好な保湿性、毛髪にはしっとり感、潤滑性、軽いタッチを与えます。
ベヘントリモニウムクロリドは4級カチオン界面活性剤で、しっとりした感触の柔軟剤です。
エチルヘキサン酸セチルはさっぱりした感触に基剤向けエステル。延びがよく肌なじみが良い。

ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)は疑似セラミドと呼ばれ、ヒアルロン酸の2倍の保湿効果を発揮。

ユチャ油はアブラツバキの種子から抽出したオイルで、ベタつきのないしっとりした感触を与える。
分岐脂肪酸(C14-28)、脂肪酸(C14-28)18-MEA(メチルエイコサン酸)という毛髪キューティクルを接着する役目の脂質。
ユズ果実エキスはユズセラミドを含有し、髪や肌の保湿機能を強化。
その他、少量の添加成分としては、
アルニカ,オドリコソウ,オランダカラシ,ゴボウ,セイヨウキズタ,ニンニク,セイヨウアカマツ,ローズマリー,ローマカミツレエキスは、抗菌・抗酸化・抗フケ・育毛・抗脂漏性皮膚炎を期待するエキスセットです。
加水分解コンキオリンは真珠由来のタンパク質で、うるおい、ツヤ、細胞活性化作用を付与します。
(ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ)ヒドロキシプロピル加水分解コラーゲンはコラーゲンの保湿とシリル化合物の伸展性、ツヤ効果、熱反応でシラノール基同士が高分子化皮膜を形成し、髪を保護。

    レティア プロケアヘアトリートメント の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.4

  • 潤滑性 3
  • 効果の深さ:2
  • 補修力:3
  • 持続性:2
  • 安全性:2.5
  • 即効性 2.5
  • 費用対効果:2.5

  • 容量/300ml
  • 価格/498円
  • 1mlあたり/1.66円

レティア プロケアヘアトリートメント の宣伝文,商品説明:

『ユズセラミド』と『18-MEA』が傷んだ髪を保護し、健やかな髪へと導きます。
『ヒートプロテイン』が毛髪に吸着し、熱によるダメージから髪を守るので、
ヘアアイロンやドライヤーをたくさん使う方でも安心です。