シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム

(ノエビア
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

ノエビア


のオススメレベル

の解析結果

よく効くが、少し心配な内容。


有効性を感じさせる成分がたくさん配合され、髪のコンディショニング効果、保湿、ハリ・コシ改善などに寄与しような一品ですが、

少しマイルドさに欠ける印象もあります。

総合的には、 決して低い評価をすることはできないクオリティを示す一品であり、
高い保湿性、潤滑性、修復性を感じ取れる一品です。

ただし、その能力が高い反面、肌刺激も避けられない成分も配合されているので、
安心して使えると断言することはできません。
やや肌への安全性を欠いてでも髪をどうにかしたい、という方向けと言えます。
そういったマイナス部分を除けば、よく出来ている優れたアウトバストリートメントです。


[PR]

の全成分:

水、エタノール、PEG-40水添ヒマシ油、γ-ドコサラクトン、アラリアエスクレンタエキス、加水分解ヒアルロン酸、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、アセチルヒアルロン酸Na、ホソバセンナ種子多糖体、ユズ果実エキス、グルタチオン、ゼイン、BG、DPG、PG、PPG-3カプリリルエーテル、イソプロパノール、クオタニウム-18、グリセリルグルコシド、グリセリン、シクロヘキサン-1.4-ジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、ジココイルエチルヒドロキシエチルモニウムメトサルフェート、ダイズステロール、ヒドロキシエチルセルロース、プロパンジオール、ベヘントリモニウムクロリド、ポリソルベート60、メチルイソチアゾリノン、香料

主な成分の解説をみるγ-ドコサラクトン"エルカラクトン"と呼ばれ、毛髪内部のアミノ基と結合。ハリ・コシ・ツヤと長期持続性を付与します。
アラリアエスクレンタエキスは褐藻由来の細胞抽出液で、ケラチノサイト、ヒアルロン酸、コラーゲン産生促進作用を付与。
ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウムヒアロベールと呼ばれるカチオン化ヒアルロン酸で、すすいでも落ちにくい特性を持った保湿作用を付与します。
アセチルヒアルロン酸Naは、アセチル基を持つ構造により肌と親和性を高め持続性を持たせています。
ゼインはトウモロコシ由来の非水溶性たんぱく質で、シリコーンに匹敵する指通り・被膜形成力と毛髪のハリ向上、カラーロック、皮膚付着性向上、毛髪強度向上、ツヤ向上といった効果を与える。
ホソバセンナ種子多糖体はインド産マメ科の植物種子エキスで、ヒアルロン酸様作用を示す。
ユズ果実エキスはユズセラミドを含有し、髪や肌の保湿機能を強化。
グルタチオンは3つのアミノ酸からなる抗酸化成分。
その他、添加成分としては PPG-3 カプリリルエーテルはまとまりと潤滑性、ハリコシ感、泡質改善と多岐にわたる効果。
クオタニウム-18は塩化ジアルキル(14-18)ジメチルアンモニウムというカチオン界面活性剤で、比較的低刺激性のコンディショニング効果を付与します。
シクロヘキサン-1,4-ジカルボン酸ビスエトキシジグリコールは有効成分の浸透促進、保湿性向上、低刺激のエステルです。
ベヘントリモニウムクロリド、ジココイルエチルヒドロキシエチルモニウムサルフェートは4級カチオン界面活性剤で、しっとりした感触の柔軟剤です。
ダイズステロールは植物性ステロール(炭化水素)類で、フィトステロールとも呼ばれます。コレステロールと似た特性を持ち、肌なじみよく保湿作用を与えます。

    の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.3

  • 潤滑性 2.5
  • 効果の深さ:2
  • 補修力:3
  • 持続性:2
  • 安全性:2.5
  • 即効性 2
  • 費用対効果:2.5

  • 容量/3ml
  • 価格/3円
  • 1mlあたり/1円

の宣伝文,商品説明:

●朝のダメ髪、瞬時にサラツヤ!
根元からの「モワモワうねり」、パッサパサで「シャビーな毛先」、カラーリングの「色褪せ髪」にももう困らない!忙しい朝もこれ1本でサラふわ美髪へ!
●ドライヤーでヒートケア&アミノ酸ケア
ヒートケア成分がパーマやカラーリングなどで出来る毛髪のダメージ部分にしっかり浸透。ドライヤーやヘアアイロンの熱によってダメージ部分を補修します。また、アミノ酸ケア・ダメージケア成分が髪にハリ・コシを与え、ツヤ美髪に導きます。
●うねり抑制成分:海藻成分(アラリアエスクレンタエキス)
●褪色防止成分:ゼイン配合
●毛先までしっかり保湿:トリプルヒアルロン酸配合
●無着色・パラベンフリー・ノンシリコン