シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
サニッシュ フェアリードロップ
(ファインゾーン
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

サニッシュ フェアリードロップ

ファインゾーン


サニッシュ フェアリードロップ のオススメレベル

サニッシュ フェアリードロップ の解析結果

単なるオイルの寄せ集めというイメージよりは一歩上の品質。

コメヌカ油、アルガンオイル、ユチャ油というあたり、センスの良さのようなものを感じさせます。
メドウフォーム、マカデミア、ホホバ、オリーブなど、肌なじみ(髪なじみ?)よいオイルも揃え、使用感においてはそこらのものよりオススメといってもいいレベル。
ベースのステアリン酸エチルヘキシル、コハク酸ジオクチルはエステル油ですが、これがべたつかない使用感を演出していますので使いやすさも感じられるでしょう。
脂肪酸(C14-28)、分岐脂肪酸(C14-28)は18-MEAというキューティクルの接着剤的脂質成分ですので、
単にオイルが乗っかるという以上に髪にはうれしい内容と言えます。
全体としては、
このカテゴリではクオリティ高い方であるし、使いやすさも考えられていてGoodです。
多少値付けが高めには感じますが、内容からしたらまぁ妥当な範囲とみます。


[PR]

サニッシュ フェアリードロップ の全成分:

ステアリン酸エチルヘキシル、コハク酸ジオクチル、コメヌカ油、アルガニアスピノサ核油、ユチャ油、トウツバキ種子油、ヒマワリ種子油、メドウフォーム油、マカデミアナッツ油、ホホバ油、シア脂、オリーブ油、ダイズ油、カロットエキス、トコフェロール、オレンジ油、レモン油、グレープフルーツ果皮油、脂肪酸(C14-28)、分岐脂肪酸(C14-28)、スクワラン

主な成分の解説をみるコハク酸ジオクチルが乳化促進、ツヤ効果を与えるエステル。
コメヌカ油は美白、抗酸化、代謝促進作用などを付与。
アルガニアスピノサ核油は、モロッコ南西部に自生する広葉常緑樹アルガンの種子から採れるオイルで、ビタミンEの含有量が多く抗酸化作用があり、エモリエント作用も期待されるオイルです。
ユチャ油はアブラツバキの種子から抽出したオイルで、ベタつきのないしっとりした感触を与える。
ヒマワリ種子油はセラミドを誘導し、肌バリヤを改善する効果。
メドウフォーム油は北カリフォルニア、南オレゴンなどに自生するメドウフォームの種子から抽出されたオイルで、エイコセン酸を主成分とし、しっとりと滑らかでべたつかない感触を与える。
マカデミアナッツ油はパルミトレイン酸を多く含み、人の皮脂に類似したエステル。肌なじみが非常によく、保湿効果も高い。
ホホバ油(ホホバ種子油)はメキシコ北部の乾燥地帯に自生しているカン木の種子から得た液体ロウ。他の植物油脂に比べ酸化しにくく、皮膚になじみさっぱりしている使用感。抗ニキビ、フケ作用も。
シア脂は、中央アフリカに分布するシアの種子から得た脂肪で、紫外線吸収、毛髪の滑り感低下抑制、キューティクル保護、毛髪強度向上、血行促進効果を付与。
オリーブ油は”水油”と呼ばれるように、液体の油で肌や髪に少し浸透してエモリエント感を持続させます。
カロットエキスは人参(西洋:ナニンジン)の根から得たエキスで、皮膚代謝促進、血行促進効果を与えます。
オレンジ油はリモネンを主成分とする心地よい香りがリラックス効果を与えます。疲れや緊張をほぐし、保湿・皮膚の活性化、清浄作用を持つ精油です。
スクワランは人の皮脂にも3-4%含まれる保湿成分で、刺激なく油分と水分を乳化させ保湿作用を示し、不足すると肌の乾燥、代謝の低下をまねきます。

    サニッシュ フェアリードロップ の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.6

  • 潤滑性 3
  • 効果の深さ:2.5
  • 補修力:2.5
  • 持続性:2
  • 安全性:4
  • 即効性 2
  • 費用対効果:2

  • 容量/54ml
  • 価格/2625円
  • 1mlあたり/48.61円

サニッシュ フェアリードロップ の宣伝文,商品説明:

髪に妖精のきらめき
シャイニー&リッチ
天然由来のオイルのみを21種類使用。シリコン無配合の洗い流さないトリートメントです。ダメージによるパサつきや、くせによって広がる髪を落ち着かせます。
自然なツヤ・輝き・うるおいを髪に与え、しっとりしなやかな、まとまりやすい髪へと仕上げます。
キューティクルが持つ18-MEAを配合し、ダメージを補修しながらなめらかさを保ちます。
オレンジ油、レモン油、グレープフルーツ果皮油が混ざった、さわやかな柑橘系ブレンドエッセンシャルオイルの香りです。