シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
シンプラス コンディショナー
(ドリームwebシステム
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

シンプラス コンディショナー

ドリームwebシステム


シンプラス コンディショナー のオススメレベル

シンプラス コンディショナー の解析結果

マイルド感が特徴の、じわじわ系コンディショナー。


使い始めはあまり有効性を感じないかもしれません。
しかし、微量ながら髪への吸着性が非常に高い補修成分や、高い抱水性を期待できる成分も配合。
繰り返し使うことでいつの間にか髪のコンディションをアップできる可能性も。

基本的には肌にやさしいプラス、頭皮のコンディションアップを狙ったエキス類も効かせたい、という処方ですので、
頭皮からまんべんなく塗っていき、じっくりと浸透させたい一品です。


[PR]

シンプラス コンディショナー の全成分:

水、グリセリン、ベヘニルアルコール、トリエチルヘキサノイン、ベヘナミドプロピルジメチルアミン、ペンチレングリコール、イソステアリン酸、カプリル酸ヤシ油アルキル、グレープフルーツ果皮油、シャクヤク根エキス、ヨモギ葉エキス、ビルベリー葉エキス、セイヨウノコギリソウエキス、ローズマリー葉エキス、トウキンセンカ花エキス、カミツレ花エキス、ハトムギ種子エキス、オウレンエキス、シア脂、メドウフォーム−δ−ラクトン、アーモンド油、グルタミン酸、1,2−ヘキサンジオール、(エチルヘキサン酸/ステアリン酸/アジピン酸)グリセリル、トリポリヒドロキシステアリン酸ジペンタエリスリチル、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、BG、ベヘンジモニウムエチルリン酸ステアリル、安息香酸Na、クエン酸、トコフェロール、香料

主な成分の解説をみるベヘナミドプロピルジメチルアミンは3級カチオン界面活性剤で低刺激ですがコンディショニング効果は高くない成分。
グレープフルーツ果皮油はリラックス効果、食欲を抑制する効果などを持つ芳香性の精油です。
ヨモギ葉エキスは抗酸化作用、コラーゲン産生促進作用、皮脂の抑制、収斂作用、抗菌作用、抗炎症作用。
ビルベリー葉エキスGABA産生促進作用、抗炎症、抗シワ、ヒアルロン酸産生促進、メラニン生成抑制、保湿、抗酸化作用。
セイヨウノコギリソウエキス(キク科常緑多年草,=ヤロウエキス)は、アズレン、ピネン、リモネン、カンファーなどを含み抗酸化作用、抗菌、抗炎症、収れん作用を付与。
ローズマリー葉エキスは抗酸化作用、皮脂の抑制作用、メラニン生成を抑制、収斂、血行促進作用。
カミツレ花エキスは抗酸化作用、コラーゲン産生促進作用、女性ホルモン様作用、抗炎症、血行促進、発汗作用を付与。
ハトムギ種子エキスは保湿、肌荒れ改善、メラニン生成を抑制、表皮細胞増殖促進作用。
シア脂は、中央アフリカに分布するシアの種子から得た脂肪で、紫外線吸収、毛髪の滑り感低下抑制、キューティクル保護、毛髪強度向上、血行促進効果を付与。
メドウフォーム-δ-ラクトンはメドウフォーム種子油のラクトン誘導体で、毛髪ケラチンのアミノ基とアミド結合を形成。
潤滑性、カラー剤の刺激緩和、キューティクル保護作用を付与。
アーモンド油はオレイン酸を多く含み、リノール酸も含有することからエモリエント作用に優れます。
グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリドはマメ科グアから採れる多糖類にカチオンをもたせたコンディショニング成分。

    シンプラス コンディショナー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.7

  • 潤滑性 3
  • 効果の深さ:1.5
  • 補修力:2
  • 持続性:2
  • 安全性:4
  • 即効性 2
  • 費用対効果:3.5

  • 容量/300ml
  • 価格/1890円
  • 1mlあたり/6.3円

シンプラス コンディショナー の宣伝文,商品説明:

天然成分が教えてくれた「大人」のヘアケア。
健やかに、美しく、上品な頭皮にふさわしい、ノンリシコンコンディショナー。
ノンパラベン、ノンパール化剤、ノンアルコール、合成着色料不使用。
フレッシュアロマの香り。