シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
テラムス エデンの女神
(石澤研究所
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

テラムス エデンの女神

石澤研究所


テラムス エデンの女神 のオススメレベル

テラムス エデンの女神 の解析結果

単に普通のリンスよりは優しいというだけ。


構造としてはどう見てもただのリンスであって、あえてこの製品で頭を洗おうとするのが間違い。

ありったけのオイルを頭皮に塗りこむようなもので、汚れが落ちないことはないが、油分も多く残ってしまうため、使用感が決していいとはいえないでしょう。

また、カチオン界面活性剤も配合があるので刺激に感じるリスクもシャンプーより高いのであります。


[PR]

テラムス エデンの女神 の全成分:

水、ミリスチルアルコール、グリセリン、セタノール、セトリモニウムクロリド、ジメチルステアラミン、ドデカン、ドコサン、エタノール、アーモンド油、オリーブ油、ローレル油、カミツレ花エキス、ラベンダー油、ローズマリー油、ダマスクバラ花油、ハイブリッドローズ花エキス、シア脂、ニンジン根エキス、オタネニンジン根エキス、センブリエキス、トウガラシ果実エキス、加水分解コメタンパク、加水分解コンキオリン、メントール、カラメル、PEG-40水添ヒマシ油、PEG-90M、ベヘニルアルコール、セテス-30、セテス-2、アジピン酸ジイソブチル、ヘキシルデカノール、ミリスチン酸、エチドロン酸、乳酸、BG、PG、フェノキシエタノール、香料

主な成分の解説をみるセトリモニウムクロリドは4級カチオン界面活性剤。
アーモンド油はオレイン酸を多く含み、リノール酸も含有することからエモリエント作用に優れます。
オリーブ油は”水油”と呼ばれるように、液体の油で肌や髪に少し浸透してエモリエント感を持続させます。
ローレル油は非常にウッド調の香りの強い脂で、しっとりしたタッチが特徴といえます。
ダマスクバラ花油はブルガリアの稀少なバラ精油で、リラックス、女性ホルモン様作用、脳の活性化、消化器の活性化、更年期障害の軽減、汗、加齢臭を軽減、異性を惹きつける効果。
ハイブリッドローズ花エキスはAGEs(最終糖化生成物)の精製を抑制する抗糖化作用を付与し、保湿、ハリ、弾力を保持する効果。
シア脂は、中央アフリカに分布するシアの種子から得た脂肪で、紫外線吸収、毛髪の滑り感低下抑制、キューティクル保護、毛髪強度向上、血行促進効果を付与。
オタネニンジン根エキスは育毛、血行促進、コラーゲン産生促進、免疫増強、抗アレルギー、抗炎症作用。
センブリエキスは抗酸化、コラーゲン産生促進、育毛作用を付与。


トウガラシエキスは殺菌、血行促進、抗酸化、代謝促進作用。
加水分解コメタンパクはコメ特有のたんぱく質であるオリゼニンが多く含まれ、コラーゲン産生促進、抗老化(抗コラゲナーゼ、抗ゼラチナーゼ)、過酸化脂質生成抑制作用などを示す。
加水分解コンキオリンは真珠由来のタンパク質で、うるおい、ツヤ、細胞活性化作用を付与します。
メントールの清涼作用。
PEG-40水添ヒマシ油は非イオン界面活性剤で、乳化、増粘、改質剤として使われます。また、香料や油性成分の可溶化剤としても用いられます。
アジピン酸ジイソブチルは皮膚に柔軟性、潤滑性を与え、製品の展延性も高める粘土の低い油性成分です。

    テラムス エデンの女神 の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.1

  • 潤滑性 3
  • 効果の深さ:2
  • 補修力:1.5
  • 持続性:1.5
  • 安全性:2.5
  • 即効性 1.5
  • 費用対効果:2

  • 容量/280ml
  • 価格/1944円
  • 1mlあたり/6.94円

テラムス エデンの女神 の宣伝文,商品説明:

泡立たないのに汚れはしっかり落とす不思議なトリートメントです。
汗やホコリなどの水性汚れ、スタイリング剤や毛穴詰まりなどの油性汚れにオイル&ハーブがよくなじんで落とします。
洗いたての気持ちいい爽快感が翌日まで続きます。
地肌をいたわりながらゴワつきやダメージを抑え、髪の芯からうるおい満ち溢れるしっとり艶髪へ。
アーモンド油、オリーブ油、ローレル油、ラベンダー油、カミツレ花エキス配合。ミントの香り。