シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ザ・ヘアケア アクアインテンシブ トリートメント 1
(資生堂
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

ザ・ヘアケア アクアインテンシブ トリートメント 1

資生堂


ザ・ヘアケア アクアインテンシブ トリートメント 1 のオススメレベル

ザ・ヘアケア アクアインテンシブ トリートメント 1 の解析結果

コクの有るタッチで滑らかな質感に仕上がる一品。


トリートメントと呼ぶほど髪に影響力が強いものではありませんが、
滑らかな指通りを特徴とするコンディショニング効果がまずまずのトリートメントです。

エモリエントな使用感の成分が特徴的でしっとり感を好む方に好感度が高いでしょう。

補修力はあまりありません。値段からして、もう少し何かあってもよいかな、と思うレベル。


[PR]

ザ・ヘアケア アクアインテンシブ トリートメント 1 の全成分:

水、ソルビトール、イソペンチルジオール、ジメチコン、水添ナタネ油アルコール、ベヘントリモニウムクロリド、セタノール、アルキル(C12、14)オキシヒドロキシプロピルアルギニンHCL、ステアリルジヒドロキシプロピルジモニウムオリゴ糖、アミノプロピルジメチコン、アルギニン、ステアルトリモニウムクロリド、ヒドロキシエチルウレア、PEG-90M、乳酸、ポリクオタニウム-11、レシチン、加水分解カラスムギタンパク、加水分解コラーゲン、チオタウリン、コンドロイチン硫酸Na、ローヤルゼリーエキス、オノニスエキス、褐藻エキス、紅藻エキス、シソエキス、セリシン、加水分解コンキオリン、緑藻エキス、イソプロパノール、エタノール、オクチルドデカノール、PG、クエン酸、クエン酸Na、BG、乳酸アンモニウム、シリカ、BHT、ソルビン酸K、フェノキシエタノール、安息香酸Na、香料

主な成分の解説をみるソルビトールはブドウ糖を還元して合成。保湿効果。
ジメチコン、菜種油と続き、ベヘントリモニウムクロリドは4級カチオン界面活性剤で、しっとりした感触の柔軟剤です。
アルキル(C12,14)オキシヒドロキシプロピルアルギニンHClはアミノ酸系カチオン界面活性剤で、生分解性に優れ滑らかな感触を付与します。
ステアリルジヒドロキシプロピルジモニウムオリゴ糖はダメージ毛のパサつきを改善するとともに、適度な硬さ(粘度)が使用感を高めるカチオン界面活性剤。
アミノプロピルジメチコンがエモリエントな感触を与えるコーティング剤。
ステアルトリモニウムクロリド(4級カチオン界面活性剤)は静電気防止、指通り改善、ダメージ部の疎水性を復元し、シリコーン類の定着を促進。
ヒドロキシエチルウレアはグリセリンの倍以上の保湿性能、シリコーンとの相乗効果が高く、べたつかず優れた保湿効果を発揮。
ポリクオタニウム-11はセット性樹脂をカチオン化し、毛髪に吸着しやすくした皮膜形成成分。
加水分解カラスムギタンパクは、グルタミン酸を豊富に含み、タンパク質の前駆体になります。
チオタウリンは肌へ潜在的に抗酸化剤として作用するアミノ酸。
コンドロイチン硫酸Naは軟骨から抽出されたムコ多糖類で、保湿、乾燥防止、角膜の保護作用をもちます。
ローヤルゼリーエキスはコラーゲン、エラスチンの生成を促進するデセン酸や、保湿、ハリ、抗酸化作用を持つ栄養価の高い成分。

    ザ・ヘアケア アクアインテンシブ トリートメント 1 の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:3

  • 潤滑性 3.5
  • 効果の深さ:2.5
  • 補修力:3
  • 持続性:3
  • 安全性:3
  • 即効性 3
  • 費用対効果:3

  • 容量/250ml
  • 価格/2625円
  • 1mlあたり/10.5円

ザ・ヘアケア アクアインテンシブ トリートメント 1 の宣伝文,商品説明:

●みずみずしさ、満たされる髪へ
●髪の乾燥・パサつきが気になる方、髪のダメージが気になる方、ヘアカラーやパーマを繰り返している方に
●ダメージを補修しながら毛髪内の水分を補給して、パサつきのない、つややかな髪に整えます。
●なめらかで軽い仕上がり