シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ウアオ クリスタルリッチ ヘアエッセンス
(ハラ
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

ウアオ クリスタルリッチ ヘアエッセンス

ハラ


ウアオ クリスタルリッチ ヘアエッセンス のオススメレベル

ウアオ クリスタルリッチ ヘアエッセンス の解析結果

さらりと馴染みの良いオイル。


高機能なシルク3次架橋ポリマーを配合したスムース系エッセンスのようです。
オイル類とシリコンのミックスによる快適な使用感のエモリエント剤としての活用を意図しているのでしょう。

注目ポイント
(加水分解シルク/PG-プロピルメチルシランジオール)による持続性のスムース効果が一番目を引き、
メドウフォーム-δ-ラクトンの補修的効果による潤滑性も基礎となるでしょう。
比較的ヒトの肌バリヤに似た組成のオイルを多用していて、使用感はナチュラルでベタつきを軽減させています。

注意点
違和感の少ないタッチが好感度高そうですが、この分野で最高レベルのリペア性能や潤滑性を持つわけではなさそう。

総評
まずまず、中位レベルの潤滑性オイルとみていいでしょう。
肌刺激は心配なく、滑らかさの改善は間違いありません。
驚くような補修性というより、ナチュラルなバージン毛のような状態に近づけたい方向けといえるでしょう。


[PR]

ウアオ クリスタルリッチ ヘアエッセンス の全成分:

シクロメチコン、ジメチコン、ミリスチン酸メチルへプチル、マカデミアナッツ脂肪酸エチル、メドウフォーム-δ-ラクトン、マカデミアナッツ油、メドウフォーム油、シア脂、ホホバ種子油、スクワラン(ベジタブル)、ブドウ種子油、オリーブ油、アーモンド油、大豆油、コーン油、サフラワー油、ヒマワリ種子油、ノバラ油、オレンジ油、ラベンダー油、ローズヒップ油、ローズマリー油、(加水分解シルク/PG-プルピルメチルシランジオール)クロスポリマー、トコフェロール

主な成分の解説をみるシクロメチコンは時間をかけて揮発するシリコーンで、展延性やさっぱりとした感触に優れます。
ジメチコンは最も代表的なシリコーンオイル。透明、無臭、化学的・熱的安定性、透湿性、撥水性、潤滑性に優れた不揮発オイル。
マカデミアナッツ脂肪酸エチルは人の皮脂に組成が近いマカデミアナッツ油のエステルオイルで、ベタつきなくナチュラルな滑らかさと保湿効果を与えます。
メドウフォーム-δ-ラクトンはメドウフォーム種子油のラクトン誘導体で、毛髪ケラチンのアミノ基とアミド結合を形成。
潤滑性、カラー剤の刺激緩和、キューティクル保護作用を付与。
メドウフォーム油は北カリフォルニア、南オレゴンなどに自生するメドウフォームの種子から抽出されたオイルで、エイコセン酸を主成分とし、しっとりと滑らかでべたつかない感触を与える。
シア脂は、中央アフリカに分布するシアの種子から得た脂肪で、紫外線吸収、毛髪の滑り感低下抑制、キューティクル保護、毛髪強度向上、血行促進効果を付与。
ホホバ油(ホホバ種子油)はメキシコ北部の乾燥地帯に自生しているカン木の種子から得た液体ロウ。他の植物油脂に比べ酸化しにくく、皮膚になじみさっぱりしている使用感。抗ニキビ、フケ作用も。
スクワランは人の皮脂にも3-4%含まれる保湿成分で、刺激なく油分と水分を乳化させ保湿作用を示し、不足すると肌の乾燥、代謝の低下をまねきます。
ブドウ種子油は軽いタッチが特徴のオイルでリノール酸、トコフェロールを多く含み、抗酸化作用を特徴とします。
オリーブ油は”水油”と呼ばれるように、液体の油で肌や髪に少し浸透してエモリエント感を持続させます。
アーモンド油はオレイン酸を多く含み、リノール酸も含有することからエモリエント作用に優れます。
(加水分解シルク/PG-プロピルメチルシランジオール)はシルクと、PGを付加したシランジオールの3次架橋構造をしたポリマーで、平滑作用を与え、乾燥後の仕上がりをサラサラの感触に。

    ウアオ クリスタルリッチ ヘアエッセンス の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.8

  • 潤滑性 3
  • 効果の深さ:2.5
  • 補修力:2.5
  • 持続性:2.5
  • 安全性:4
  • 即効性 2.5
  • 費用対効果:2.5

  • 容量/50ml
  • 価格/2413円
  • 1mlあたり/48.26円

ウアオ クリスタルリッチ ヘアエッセンス の宣伝文,商品説明:

17種類の天然植物オイルがうるおいを与えしなやかに保ちます。
軽いタッチの感触とナチュラルなツヤがでます。