メリーズ ベビーローション

総合順位

166

総合得点 5点満点

2.53
成分数エキス系特効ダメ
17010
  • メリーズ ベビーローションの詳細情報
  • 花王株式会社の関連商品
  • [JANコード] 4901301321312
  • [商品ID] 7188
  • [容量] 300ml
  • [参考価格] 1404円
  • [1mlあたり] 約 4.68円
メリーズ ベビーローション解析チャート

メリーズ ベビーローションの解説

良い素材と、コスト抑えました!が同居する化粧水

基本、良い化粧水ですし、赤ちゃん向けにもメリットのある化粧水だと言えます。とくに、セチルPGヒドロキシエチルパルミタミドの配合がメインというのが素晴らしいですね。この成分はセラミド1をモデルに合成した疑似セラミドです。細胞間脂質と同等の働きをし、保湿力を保持させます。

ワセリンっぽさのある親油系増粘剤イソステアリン酸コレステリルもセラミド様の角質保湿効果がある他、製品の粘性強化などの目的ですね。ビスメトキシプロピルアミドイソドコサンも同様に大変保湿効果が高い油剤です。おなじみスクワランもありますね。

おお、良いじゃないかって思いますよね。ここまではツッコミどころがない優秀な印象を受けます。

コストが安い部分

一方で、コストが抑えられているなぁという部分。ポリソルベート60やらジメチコン、セタノールもでしょうか。また、ベビー向けという意味では少し心配されそうな界面活性剤も少なくないんですね。

ポリソルベート60あたりは相当古めかしい素材ですし、ジメチコンは無毒ですが高品質な設計ではないな、と思う部分でもあります。

悪くない

ちょっとクオリティを押し下げるような要素があるのは間違いないのですが、総合的には悪くないレベルです。高い保湿力あり、セラミド様の肌バリア効果をもたらす、それなりにさらっとする、少なくても使用感では不満を産まないことでしょう。

ベビーローションとしては使っても悪くない、ただしもっと理想的なものはあるにはあるよ、というレベルですね。もっと満足度の高い、もっと肌バリア、もっと天然素材、もっと低刺激と、求めれば上には上があるということです。

この価格帯でセチルPGヒドロキシエチルパルミタミド入りの肌バリア機能のある保湿力の高い化粧水をお探しでしたら、選択肢に入れるのはアリです。

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。結果的に、肌にマイルドといえる方法です。
メチルパラベン
オクタデシルアルコール。ロウに似た油性成分である。
ステアリルアルコール
コンディショナーなどのベース油剤として頻出。セチルアルコール、パルミチルアルコール とも呼ばれる。飽和脂肪酸なので酸化しづらく、安定性の高い油分ベースを構築可能。
セタノール
ジメチルポリシロキサンの末端をトリメチルシロキシ基で封鎖した重合体。シリコンといえば、ジメチコンが代表的な成分です。皮膚保護・コーティング剤、消泡剤として使われますが、網目状のコーティングのため水分透過性や通気性は有する。
ジメチコン
肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。
グリセリン
保湿効果の強い油剤です。
ビスメトキシプロピルアミドイソドコサン

良い部分はセチルPGヒドロキシエチルパルミタミド



化粧水としてのレベルは総合的には中くらい。


販売元による宣伝文

●うるおいセラミド機能成分※配合
●乾燥や刺激から、繊細な肌を守る
※セチルPGヒドロキシエチルパルミタミド(保湿成分)
●すべるように広がり、スーッとなじんでしっかりうるおう
●お顔・からだにもお使いいただけます。
●赤ちゃん想いの肌にやさしい処方
●新生児から使えます
●無香料・無着色・低刺激・弱酸性
●アルコールフリー(エチルアルコール無添加)
●アレルギーテスト済み(全ての方にアレルギーが起こらないというわけではありません。)
メリーズ ベビーローションの解析結果 | シャンプー解析ドットコム株式会社アナリスタはシャンプー解析ドットコム・カイセキストアを運営。シャンプー・トリートメント・コスメなどのランキングを公開中。

株式会社アナリスタ

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。