シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
コンポジオ CXリペア トリートメント
(デミコスメティクス
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

コンポジオ CXリペア トリートメント

デミコスメティクス


コンポジオ CXリペア トリートメント のオススメレベル

コンポジオ CXリペア トリートメント の解析結果

バランスよく髪を改善。


オレンジラフィー油がベースに配合されたちょっと贅沢なタッチが嬉しい。

しっとり系のカチオン、シリコンに、卵殻膜のコーティング効果、ツヤ感のジリノール酸ジエトキシエチルが密着。

非常に使い勝手のいい比較的しっとり系のトリートメント。
保湿効果はなかなか高く、かつシリコーンのバリエーションが多く、セリシン(シルク成分)、卵殻膜といった保湿と指どおりの改善成分がバランスよく配合。
この製品の特徴はバランスの良さ、まず超特化している個性的な面は少ないが、どんな髪質にもすっとなじむ守備範囲の広さを感じる。
値段との兼ね合いもそう悪くはないだろう。
超一級のトリートメントよりは少し見劣りするものの、使用感は充分に満足いくレベルだと思われる。

[PR]

コンポジオ CXリペア トリートメント の全成分:

水 , セタノール , ジメチコン , ベヘントリモニウムクロリド , DPG , アボカド油 , オレンジラフィー油 , ジリノール酸ジイソプロピル , コハク酸ジエトキシエチル , アモジメチコン , 加水分解卵殻膜 , セリシン , 加水分解コンキオリン , 加水分解ケラチン(羊毛) , リンゴ酸 , ヒアルロン酸Na , BG , ステアルトリモニウムクロリド , イソプロパノール , (ビスイソブチルPEG−14/アモジメチコン)コポリマー , プロピルパラベン , メチルパラベン , 香料

主な成分の解説をみるジメチコンは最も代表的なシリコーンオイル。透明、無臭、化学的・熱的安定性、透湿性、撥水性、潤滑性に優れた不揮発オイル。
ベヘントリモニウムクロリドは4級カチオン界面活性剤で、しっとりした感触の柔軟剤です。
アボカド油は皮膚親和性が高く柔軟効果に優れる。
オレンジラフィー油は深海魚オレンジラフィーから抽出した高い安全性のワックスエステルで、べたつかず、さっぱりした感触。
軽度アトピー性皮膚炎、乾燥敏感肌、毛髪表面潤滑作用。
ジリノール酸ジイソプロピルはリッチなエモリエント剤でベタつきがあまりなく口紅などに使われるエステル油です。
コハク酸ジエトキシエチルは可溶化剤、エモリエント剤として用いられます。ただ、感触改良効果やpH安定性は優れているとまではいえません。
アモジメチコンはアミノ変性シリコーンで、毛髪を艷やか、滑らかな指通り性を向上させ、ドライヤーによる乾燥時間を短縮しダメージ軽減。
加水分解卵殻膜は鶏の卵殻膜から抽出されたペプチドで、保湿性が高く肌を柔軟にして肌荒れを防止。密着した強い保護膜を形成。
加水分解コンキオリンは真珠由来のタンパク質で、うるおい、ツヤ、細胞活性化作用を付与します。
リンゴ酸はフマル酸、ブドウ糖から合成して作られ、角質柔軟、pH調整目的で配合。弱酸性へ傾ける力が強く、刺激に感じる場合も。
(ビスイソブチルPEG-14/アモジメチコン)コポリマーはポリエーテルとアミノ変性シリコーンのブロック共重合体。潤滑性、エモリエントな感触のアミノ誘導体シリコーン。

    コンポジオ CXリペア トリートメント の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.8

  • 潤滑性 3.5
  • 効果の深さ:2.5
  • 補修力:2
  • 持続性:2.5
  • 安全性:3
  • 即効性 3
  • 費用対効果:2.5

  • 容量/240ml
  • 価格/2940円
  • 1mlあたり/12.25円

コンポジオ CXリペア トリートメント の宣伝文,商品説明:

コルテックス補修成分の働きにより、カール・ストレートヘアをきれいに保ち、ツヤのあるなめらかな髪に仕上げます。
 
【特徴成分】
〇加水分解卵殻膜(毛髪保護成分)
〇加水分解ケラチン(毛髪保護成分)
〇セリシン(毛髪保護成分)
〇ヒアルロン酸Na (保湿成分)