メルヴィータ インディゴオイル コンディショナー シャイン&スカルプの解析結果

メルヴィータ インディゴオイル コンディショナー シャイン&スカルプ

総合順位

1020

総合得点 5点満点

2
成分数エキス系特効ダメ
23200
  • メルヴィータ インディゴオイル コンディショナー シャイン&スカルプの詳細情報
  • メルヴィータ / Melvitaの関連商品
  • [JANコード] 3284410042905
  • [商品ID] 7180
  • [容量] 150ml
  • [参考価格] 2592円
  • [1mlあたり] 約 17.28円
メルヴィータ インディゴオイル コンディショナー シャイン&スカルプ解析チャート

メルヴィータ インディゴオイル コンディショナー シャイン&スカルプの解説

環境に優しい生分解性トリートメント?

素材1つ1つが環境に優しい

このメルヴィータコンディショナーの特徴はひとえに環境分解性がよいということに尽きます。

4級カチオン界面活性剤がジステアロイルエチルジモニウムクロリド という珍しい種類を採用していることに始まり、

ベースの油剤や添加剤に至るまで環境に負担をかけにくい素材を選んでいるのが伝わってきますね。

そして、環境に優しいという軸を変えずに、コンディショナーとしてもしっかり役割を果たすように設計されているようです。

滑りと保湿生をシリコンなしで

ノンシリコンで環境にも優しい、という縛りで設計すると、往々にしてコンディショニング効果が犠牲になりがちですが、ツボを抑えてしっかりと仕上がりにクオリティを残しています。

(C13-15)アルカンという天然由来の炭化水素油ベースにして滑らかさを最大限に引き出しています。そこにヒマワリ油のツヤや、アルギニンの潤滑性、アブラナのエモリエント効果、ヒドロキシプロピルデンプンリン酸のスムーズなベタつきのない潤滑性、レシチン+アベナストリゴサ種子エキスのアクアリッチなど、天然由来の素材を絶妙に組み合わせて実力を引き出しているのがわかりますね。

天然素材をただ並べただけでは、このような潤滑性は生み出せません。

高額であることが玉に瑕ですが、こういう天然縛りならアリだと思います。使いごたえがありますし、潤滑性に限って言えばシリコン製品に劣らないでしょう。

1つのアイデアとして、こういう設計は興味深く、試してみたいと思わせる製品です。もちろん、インディゴオイル(藍葉エキス)のすっきりした抗菌・清浄作用が個性を引き立たせている部分も見逃せません。

良いと思います。機会があれば使ってみたいですね。

・安息香酸Naはエゴノキ科アンソウクコウノキ樹脂由来の抗菌剤で、安全性の面から1%以下の配合量規制。安定性を考えてパラベンを併用することが多い。
安息香酸Na
コンディショナーなどのベース油剤として頻出。セチルアルコール、パルミチルアルコール とも呼ばれる。飽和脂肪酸なので酸化しづらく、安定性の高い油分ベースを構築可能。
セタノール
肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。
グリセリン
リノール酸が7割ほどを占めるオイルで、保湿性と抗酸化作用を持つ若返りのオイルともいわれている成分です。
ヒマワリ種子油

生分解性!



藍葉エキスのすっきり感にも注目



植物由来でもここまでやれる、っていう見本

販売元による宣伝文

髪にも頭皮にもしっかりうるおいと美髪成分を補給。
エアリーで透明感のあるツヤ髪に導きます。

メルヴィータ インディゴオイル コンディショナー シャイン&スカルプの解析結果 | シャンプー解析ドットコム株式会社アナリスタはシャンプー解析ドットコム・カイセキストアを運営。シャンプー・トリートメント・コスメなどのランキングを公開中。

株式会社アナリスタ

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。