はしかた化粧品	薬用シャンプーとして、以下の効能・効果をもっています。フケ・かゆみを防ぐ毛髪・頭皮の汗臭を防ぐ毛髪・頭皮を清浄にする毛髪をすこやかに保つ

総合順位
449位

総合評価 5点満点
2.4

洗浄力

22%

素材
60%
安全性
52%
コスパ 
40%
環境 
74%

補修力

32%

ツヤ 
24%
感触 
38%
育毛
72%
洗浄剤
50%

成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
383910

[参考価格] 350ml 800円
[1mlあたり] 約2.29

箸方シャンプー女子 の解析

低刺激、潤滑性、抗菌、抗酸化のシャンプー。

グリチルリチン酸2Kを配合する抗炎症・頭皮環境改善をねらったシャンプーです。



同時にピロクトンオラミンを配合し、殺菌効果ももたせています。


殺菌が、どの程度の方に必要なのかを考える必要がありますが。





このシャンプーの表示は配合順ではないので、一般的な配合順だとして解説します。



基本部分の界面活性剤はグルタミン酸、タウリン系でアミノ酸シャンプーであることがわかります。


その他、油溶性ビタミンC、ビタミンE誘導体、ビタミンA油と、積極的な頭皮環境改善効果をねらっている様子が見えます。



ただし、非常に優しい印象の裏で、やはり殺菌や、ビタミンA油の副作用(多量だとケラチン化阻害)などの面もあるので、日常使いのシャンプーというわけにはいきません。


できれば、週一くらいがいいでしょう。


それならば非常にいいシャンプーなのですが。





全体的には比較的いい部類に入ります。


箸方シャンプー女子 の全成分

1グリチルリチン酸ジカリウム

細胞レベルで抗炎症作用をもたらす甘草由来の素材。また、白血球内の免疫細胞を強化する働きもあるとされています。

2ピロクトンオラミン

抗真菌作用をはじめ、皮膚糸状菌、酵母、グラム陽性菌・グラム陰性菌など幅広く殺菌・防腐作用を示す。pH6-7に調整する必要があり、逆にいえばピロクトンオラミン配合の製品はこの範囲のpHであることが推察される。ジンクピリチオンなど他の抗真菌剤よりも効果が高い。その殺菌効果の高さゆえ、頭皮・皮膚の常在菌を必要以上に滅してしまうことには注意したい。環状のヒドロキサム酸誘導体であるピロクトンとエタノールアミンによる塩である。

3塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロース

ポリクオタニウム-10と呼ばれる素材。植物セルロース由来の成分で、カチオン性でありダメージの保護、コーティング効果、保湿性を付与します。

4BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

5ヤシ油脂肪酸アシルアルギニンエチル

6DL-PCA塩

7グリセリンエチルヘキシルエーテル

8安息香酸塩

9クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

10ヤシ油脂肪酸アシルグルタミン酸TEA液

酸性アミノ酸系洗浄剤。非常にソフトでエモリエントなたっちが特徴だが、泡立ちはアミノ酸系の中でも最も乏しい部類。そのソフトな洗浄性とバランスを取るためには泡質の向上や粘度を保つといった要素を他に委ねる必要あり。

11ラウリルジメチルベタイン

12塩化Na

13ヤシ油脂肪酸メチルタウリンNa液

14ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミド

コカミドDEAのこと。粘度調整など洗浄剤の補助としての役回りが多い。発がん性を懸念する声も出た成分ですが、かなりレアな他の成分との混合を高濃度で起こさない限りその心配はない。例えば、亜硝酸塩とコカミドDEAを高濃度で混ぜ合わせるなど。通常のシャンプーの中でそのようなことが起きることはないので、この成分を避けるというのは理に適わない。

15

16テトラヘキシルデカン酸アスコルビル

・テトラヘキシルデカン酸アスコルビルは脂溶性ビタミンC。皮膚への浸透性が高く、48時間以上持続する抗酸化作用を付与。

17酢酸トコフェロール

ビタミンE誘導体。化粧品中の油分が酸化するのを防止したり、肌に対しては抗酸化作用・血行促進作用を付与することが期待される油溶性ビタミン。

18ビタミンA油

19BHT

ジブチルヒドロキシトルエン。脂溶性フェノールであり、酸化防止剤として化粧品では使われる。変異原性、催奇性を疑われており、食品などでは使用を自粛している会社もある。

20ジステアリン酸PEG-1

21ヒドロキシエタンジホスホン酸液

22カラメル

23D-パントテニルアルコール

プロビタミンB5と呼ばれます。新陳代謝を活発にする働きがあります。

24クマザサエキス

優れた抗菌作用が特徴です。

25ビワ葉エキス

殺菌・鎮痛・抗炎症作用を付与する。皮膚の修復作用を期待。

26

27茶エキス-1

28牡丹エキス

29センブリエキス

リンドウ科の2年草で、細胞活性作用、抗炎症・血行促進作用を付与します。

30

31人参エキス

32シナノキエキス

フユボダイジュエキスとも呼ばれるエキスです。タンニン・フラボノイドを含み、血行促進、収斂、抗炎症作用などを付与。

33海藻エキス-4

34ホップエキス

・ホップエキスは抗酸化作用、抗菌作用、女性ホルモン様作用による育毛効果。また、メラノサイトを活性化させる作用があり、白髪の予防も期待されます。

35サクラ葉抽出液

メラニンの生成を抑える働きがあるとされます。

36エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

37無水エタノール

無水エタノールとは、エタノールを99.5vol%以上含有するということです。消毒用エタノールは76.9~81.4vol%含有。

38香料

香りづけ。

 

メーカーの紹介文

薬用シャンプーとして、以下の効能・効果をもっています。
フケ・かゆみを防ぐ毛髪・頭皮の汗臭を防ぐ毛髪・頭皮を清浄にする毛髪をすこやかに保つ

箸方シャンプー女子 の関連商品

一番上へ戻る ステータス 解説 全成分 関連商品

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。