シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
CM ジェントル リッチ シャンプー
(クヴォン・デ・ミニム
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

CM ジェントル リッチ シャンプー

クヴォン・デ・ミニム


CM ジェントル リッチ シャンプー のオススメレベル

CM ジェントル リッチ シャンプー の解析結果

ダメなシャンプーです。


言うまでもなくダメッぷりがヒシヒシと伝わってくる一品だと思いますが、
ベースのラウリル硫酸TEA、スルホコハク酸ラウリル2Naの2トップがとにかく脱脂力強烈。

脇役として、非イオン界面活性剤がいくつか配合され、幾分刺激は抑えられていますが、それでも平均よりずっと高い洗浄力によって肌荒れの懸念が大変大きい一品になっています。
容器から受ける印象と比べて、だいぶ乱暴な中身であると言うことができますので、
全くおすすめに値しない一品です。
浸透性の洗浄・刺激に加え、ハッカもそのうえから刺激となりますので、やめておいた方がいいとアドバイスします。


[PR]

CM ジェントル リッチ シャンプー の全成分:

水、ラウリル硫酸TEA、スルホコハク酸ラウレス2Na、トリオレイン酸PEG/PPG-120/10トリメチロールプロパン、セージ葉水、オドリコソウ花水、ラウレス-2、香料、ジオレイン酸PEG-120メチルグルコース、PEG-40水添ヒマシ油、塩化Na、ソルビン酸K、マルトオリゴシルグルコシド、安息香酸Na、加水分解水添デンプン、ヤシ油アルキルグルコシド、オレイン酸グリセリル、パンテノール、ソイトリモニウムクロリド、ポリクオタニウム-10、ローズマリー油、ポリクオタニウム-7、セイヨウハッカ油、フェノキシエタノール、メチルパラベン、トコフェロール

主な成分の解説をみるラウリル硫酸TEAは皮膚や髪への浸透性が高い強脱脂、強洗浄性の、かつ肌荒れ率の高い洗浄剤。少しでも肌への悪影響を考えるなら配合されないはずの成分です。
スルホコハク酸(C12-14)ラウレス2Naは高い洗浄力と泡立ち力で、生分解性が良い点が特徴のやや低刺激洗浄剤。
トリエチルヘキサン酸トリメチロールプロパンは化学的に安定で安全性が高く、タッチが軽い乳化剤。
加水分解水添デンプンは、加水分解デンプンに水素添加したもの。トウモロコシデンプン由来で、抗炎症・保湿・肌荒れ抑制、感触向上効果。
パンテノールは、プロビタミンB5という別名があるように細胞活性化、抗炎症、保湿作用を付与します。

    CM ジェントル リッチ シャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:0.8

  • 素材の品質:2
  • 安全性:
  • 髪質改善効果:1
  • 頭皮環境改善 1
  • 費用対効果:

  • 容量/250ml
  • 価格/1836円
  • 1mlあたり/7.34円

CM ジェントル リッチ シャンプー の宣伝文,商品説明:

2004年に誕生したフランスの化粧品ブランド「クヴォン・デ・ミニム」。
ミニム修道院から受け継がれた伝統に敬意を表し、それぞれの成分にたっぷりの思いやりとまごころを込めた素敵なシャンプーをご紹介します。
整肌成分のローズマリー油やセージ葉水などを配合。頭皮をすこやかに整え、髪にボリュームとハリをもたらします。
爽やかな香りでさっぱりと洗い上げ、気分のリフレッシュ効果も◎。
ラベルには植物を大切に育てている庭師の様子が描かれています。同シリーズのコンディショナーとセットで使うのがオススメ。

[PR]
CM ジェントル リッチ シャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム