シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ナジャペレーネ ナジャプー
(ナジャペレーネ
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

ナジャペレーネ ナジャプー

ナジャペレーネ


ナジャペレーネ ナジャプー のオススメレベル

ナジャペレーネ ナジャプー の解析結果

がっつり洗ってエキス注入タイプのありがちなシャンプー。


極めてさっぱりした洗浄力と、ありきたりなエキスのセットをくっつけたシャンプー。
すなわち、平凡でどこにでもあるシャンプーの1つ、といえるでしょう。

これだけでは感触がお世辞にも良いといえないため、ステアラミドエチルジエチルアミンのようなカチオン界面活性剤を配合して指通り改良を図っています。
この手法も、強引で刺激性が他より心配なやり口であり、消費者にとっては使用感以外にメリットがないシャンプーであることは明白です。

何を思ったか、この内容で異常に高額ではありますが,賢明な消費者の皆様には選択肢に入れるのは相応しくない一品となることでしょう。

[PR]

ナジャペレーネ ナジャプー の全成分:

水、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、ココイルアラニンTEA、ラウラミドプロピルベタイン、パンテノール、ヒノキ水、アルニカ花エキス、オドリコソウ花エキス、オランダカラシエキス、ゴボウ根エキス、セイヨウキズタエキス、ローズマリーエキス、ローマカミツレ花エキス、ニンニクエキス、セイヨウアカマツ球果エキス、ムクロジエキス、センブリエキス、ラウリン酸ポリグリセリル-10、ポリクオタニウム-10、PPG-10メチルグルコース、フェノキシエタノール、ジラウレス-10リン酸Na、ステアラミドエチルジエチルアミン、BG、エタノール、安息香酸Na、EDTA-2Na、塩化Na

主な成分の解説をみるオレフィン(C14-16)スルホン酸Naラウレス硫酸Na同様の強い脱脂力を持つ洗浄剤。浸透性は少なく皮膚刺激性は高くなく、起泡性が非常に高い特徴。脱脂しすぎに繋がる懸念も。
ココイルアラニンNaは、アミノ酸系洗浄剤の中でも特にマイルドな洗浄剤で、頭皮に刺激を全く与えることなく泡立ち、洗える成分。コンディショニング効果もあり、適度に洗浄力を持つタイプ。
ラウラミドプロピルベタインは強い泡立ちを与える両性界面活性剤で、洗浄剤の刺激緩和や粘度調整、コンディショニング効果を与えます。
パンテノールは、プロビタミンB5という別名があるように細胞活性化、抗炎症、保湿作用を付与します。
アルニカ,オドリコソウ,オランダカラシ,ゴボウ,セイヨウキズタ,ニンニク,マツ,ローズマリー,ローマカミツレエキスは、抗菌・抗酸化・抗フケ・育毛・抗脂漏性皮膚炎を期待するエキスセットです。
ステアラミドエチルジエチルアミンは皮膚刺激が低く目などの粘膜にも穏和。クシ通りを改善する効果を持つカチオン界面活性剤。

    ナジャペレーネ ナジャプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:1.4

  • 素材の品質:1.5
  • 安全性:1.5
  • 髪質改善効果:1.5
  • 頭皮環境改善 1.5
  • 費用対効果:1

  • 容量/700ml
  • 価格/9720円
  • 1mlあたり/13.89円

ナジャペレーネ ナジャプー の宣伝文,商品説明:

フランスのスカルプドクターとイギリスのアロマテラピストが共同で開発に携わり、日本人の髪質と頭皮の質に合わせてつくられたシャンプーです。
キメ細かい泡で心地よくシャンプーでき、頭皮と髪のコンディションを整え、洗い上がりはシャンプーしただけとは思えないほどの髪のハリとコシを実感できます。

[PR]
ナジャペレーネ ナジャプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム