ラカスタ アロマエステ ヘアソープ 47 の解析結果

総合順位

847

総合得点 5点満点

2.19
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
121000
洗浄力
0.3
素材 
1.9
安全性
3.8
コスパ 
1.7
環境 
2.6
補修力
2.7
潤滑性
2.7
頭皮改善 
2.1
ツヤ 
2.7
持続性
2.8
感触 
2.1
育毛
1.8
洗浄剤
2.3

ラカスタ アロマエステ ヘアソープ 47 の解説

>オレフィンスルホン酸ベース。>

ラウレス硫酸と同等の脱脂力があります。

アラニン、ベタイン、サルコシンといったアミノ酸系、両性系界面活性剤がオレフィンの刺激を緩和し、泡立ちを上質な感じにします。



ラベンダー、アボカド、コムギ胚芽油、ホホバなどが保湿効果。

抗炎症系エキスも複数含みます。

保湿系エキスも。



全体的には、ラカスタシリーズ共通の高級感のない作りで、

ベース部分を見ればわかるように安上がり。

しかし値段は高い。

平たく言えば、買う価値が見いだせない中途半端な製品といった印象だ。

ラカスタ アロマエステ ヘアソープ 47 の全成分

1エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

2LPG

3DME

ジメチルエーテルのことです。単純なエーテルの一種で、別名メトキシエタンとも呼ばれます。スプレー噴射剤として利用されることが多い。

4フェニルトリメチコン

ツヤ感が特徴のシリコーンオイルです。

5(アクリル酸アルキル/ジアセトンアクリルアミド)コポリマーAMP

セット持続力に優れた成分。

6水添ポリイソブテン

ワセリンやミネラルオイルのように炭化水素化合物でできた鉱物油の一種です。合成スクワランとも呼ばれるように、スクワランや環状シリコーンなどの代替としても使われます。無味無臭無色で、化学的に不活性なため肌刺激はありません。また増粘剤や油性基材とても使われます。

7テオブロマグランジフロルム種子脂

・クパスオイル配合。抱水力はラノリン以上で、チョコレートの原料にも使われるリッチなオイルです。

8ジメチコン

ジメチルポリシロキサンの末端をトリメチルシロキシ基で封鎖した重合体。シリコンといえば、ジメチコンが代表的な成分です。皮膚保護・コーティング剤、消泡剤として使われますが、網目状のコーティングのため水分透過性や通気性は有する。

9

10オレス-20リン酸

11PPG-7ブテス-10

12香料

香りづけ。

販売元による宣伝文

オーガニック植物成分をはじめハーブエキスが傷んだ髪と頭皮を保護しながら、なめらかな美しいハリとツヤを与えます。ウッディフローラルの香りがリラックスさせてくれます。

ラカスタ アロマエステ ヘアソープ 47 の関連商品

ラカスタ アロマエステ ヘアソープ 47 を実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。