解析結果

【医薬部外品】 カルテHD モイスチュア ウォッシングフォーム

広告を含みます。
販売開始から 1年8ヵ月0日
【医薬部外品】 カルテHD モイスチュア ウォッシングフォーム
コーセー 【医薬部外品】 カルテHD モイスチュア ウォッシングフォームをAmazonアマゾンで購入
楽天rakutenで購入

総合点

1.85

総合ランク

656個中 649

成分数

17

植物エキスの数

0

コスパ

0

安全性

0

素材の品質

0

使用感の良さ

0

エイジングケア

0

ホワイトニング効果

0

保湿効果

0

スキンケア力

<0

環境配慮

0

浸透力

0

即効性

0

持続性

0

ツヤ感

0

サラサラ感

0

特に優れた素材

1

注意が必要な素材

0
【医薬部外品】 カルテHD モイスチュア ウォッシングフォーム解析チャート
販売元による宣伝文
【マイルドな洗浄成分でつっぱりなくやさしい洗い上がり】こだわったのは肌への負担感なく洗える設計。ゴシゴシこすらなくても泡のチカラで毛穴のよごれまでしっかりオフ。さらに必要なうるおいをまもる洗浄成分でつっぱり感のないしっとりとした洗い上がりに。
【ポンプ式で簡単に摩擦レスなふわもこ泡が完成】泡立て不要のポンプ式で簡単にふわもこ泡が完成。泡立てが苦手な方、 ゆっくり泡立てる時間がない方でも簡単 にきめ細かい泡が作れます。
【うるおいバリアをまもってよごれをしっかりオフ】マイルドな洗浄成分(アミノ酸系洗浄成分※1・うるおいバリアをまもる洗浄成分※2) とふわもこ泡キープ成分※3の配合で、肌へのやさしい使い心地ときめ細かいふわもこ泡を両立しました。 ※1 N-ヤシ油脂肪酸アシルグリシンカリウム液 ※2 ヤシ油 脂肪酸メチルタウリンナトリウム ※3 セルロース系水溶性高分子
【健やかな肌を保つ肌あれ防止有効成分“グリチルリチン酸ジカリウム”配合】肌あれ防止有効成分のグリチルリチン酸ジカリウムは、肌あれしやすい乾燥した肌をすこやかに保ち、お手入れを受け入れやすい状態に保ちます。
【7つの保湿成分“うるおいバリアCPX”】豊富なうるおい成分が、角層深くまでアプローチすることできめの整ったなめらかな肌に導きます。 ※うるおいバリアCPXはグリセリルグルコシド・セラミド類似ポリマー・3つのアミノ酸・濃グリセリンをこだわりの比率で組み合わせた保湿成分です。 ※セラミド類似ポリマーはグリセリル-N-(2-メタクリロイルオキシエチル)カルバメート・メタクリル酸ステアリル共重合体、3つのアミノ酸はセリン・テアニン・アセチルヒドロキシプロリンです。
【あなたの肌へのおもいやり】アレルギーテスト、敏感肌の方の協力によるパッチテスト済み、 スティンギング(皮膚刺激感)テスト済み、無香料、無着色、 アルコール(エチルアルコール)フリー、低刺激処方 ※すべてのかたにアレルギーや皮膚刺激が起きない、刺激感がないというわけではありません。

【医薬部外品】 カルテHD モイスチュア ウォッシングフォーム解析チャート
広告を含みます。

【医薬部外品】 カルテHD モイスチュア ウォッシングフォームの解説

洗顔革命!7つの保湿成分で潤いキープ、コーセーの低刺激フォームを科学する

マイルドな洗浄力と豊富な保湿成分で肌を優しく洗い上げる!カルテHDモイスチュアウォッシングフォームの実力とは

みなさん、こんにちは。解析チームです。「洗顔料なのに、洗い上がりがしっとり?」そんな一見矛盾するような特徴を持つ商品が今回の主役です。今日は、コーセーから発売されている【医薬部外品】カルテHD モイスチュア ウォッシングフォームについての解析結果をお伝えします。

さて、みなさんは普段どんな洗顔料を使っていますか?「洗浄力が強くて肌がつっぱる」「泡立ちが悪くて使いにくい」など、洗顔料選びに悩んでいる方も多いのではないでしょうか。そんな方々に朗報です。今回紹介する商品は、そんな悩みを解決してくれる可能性を秘めています。

コーセーといえば、1946年の創業以来、日本の化粧品業界をリードしてきた老舗ブランドですね。特に肌への優しさと効果的なスキンケアを追求する姿勢で知られています。そんなコーセーが送り出したこの商品、果たしてどんな特徴があるのでしょうか?

概要

まず、解析結果によると、この商品の総合順位は602個中643位。正直なところ、決して高い評価とは言えません。しかし、コスパは5点満点中4.4点と非常に高く、価格を考慮すると十分に検討に値する商品と言えるでしょう。

この商品の最大の特徴は、アミノ酸系洗浄剤をベースとした非常にマイルドな洗浄力です。肌に優しく、弱酸性で低刺激という特性は、敏感肌の方や肌トラブルに悩む方にとって魅力的なポイントとなります。

また、保湿力は5点満点中1.8点とそれほど高くありませんが、洗顔料としては十分な保湿効果を期待できます。特に、7つの保湿成分を配合した「うるおいバリアCPX」が、洗顔後の肌をしっとりと保ってくれるのが特徴です。

注目の成分

この商品には、いくつかの注目すべき成分が含まれています。まず、2-アルキル-N-カルボキシメチル-N-ヒドロキシエチルイミダゾリニウムベタイン。これは別名ココアンホ酢酸Naと呼ばれる成分で、非常に低刺激でソフトな洗浄性を持ちます。泡立ちも比較的しっかりしているので、使い心地が良いのが特徴です。

次に、ヤシ油脂肪酸メチルタウリンナトリウム。これもアミノ酸系の洗浄剤で、ベビーシャンプーにも使われるほど低刺激です。安定した使い心地の良い泡質が特徴で、穏やかながらも適度な洗浄力を持っています。

さらに、グリセリル-N-(2-メタクリロイルオキシエチル)カルバメート・メタクリル酸ステアリル共重合体、通称セラキュートという成分も配合されています。これはセラミドに似た構造を持ち、高分子形状による被膜形成能などで髪や肌に弾力を与えます。エイジングケア効果を持つ機能性素材として注目されています。

最後に、N-アセチル-L-ヒドロキシプロリン。これは保湿効果、抗シワ効果、抗炎症作用などを持つ成分です。乾燥肌、エイジングケア、ニキビ、肌荒れなど、様々な肌悩みに効果が期待できます。

メリットとデメリット

この商品の最大のメリットは、何と言ってもそのマイルドな洗浄力です。アミノ酸系洗浄剤をベースとしているため、肌への負担が少なく、敏感肌の方でも安心して使用できます。また、ポンプ式で簡単に泡立てられる点も、忙しい朝や面倒くさがりの方にとっては大きなメリットでしょう。

さらに、7つの保湿成分を配合している点も見逃せません。洗顔後のつっぱり感を軽減し、しっとりとした肌を保つ効果が期待できます。これは、洗顔料としては珍しい特徴と言えるでしょう。

一方で、デメリットもあります。総合評価が低い点は無視できません。特に、素材のレベルが5点満点中1.2点というのは気になるポイントです。また、スカルプケア力も5点満点中1.2点と低く、頭皮ケアを期待している方には物足りない可能性があります。

ここで、少し専門的な話になりますが、洗顔料の評価において重要な指標の一つに「洗浄力と保湿力のバランス」があります。この商品は洗浄力を抑えつつ保湿力を高めるという難しいバランスを取ろうとしていますが、そのトレードオフが総合評価の低さに表れているのかもしれません。

余談ですが、洗顔料の歴史を紐解くと、かつては「洗浄力が強いほど良い」という考え方が主流でした。しかし、近年の皮膚科学の発展により、過度な洗浄は肌のバリア機能を損なう可能性があることがわかってきました。そのため、最近の洗顔料は「必要最小限の洗浄力」を目指す傾向にあります。この商品もそうした流れを汲んでいると言えるでしょう。

実際、Journal of Clinical and Aesthetic Dermatologyに掲載された研究によると、マイルドな洗浄剤を使用することで、肌のバリア機能が改善し、皮膚の水分保持能力が向上することが報告されています[1]。この観点から見ると、この商品の特徴は理にかなっていると言えるかもしれません。

また、International Journal of Cosmetic Scienceに掲載された別の研究では、アミノ酸系洗浄剤が従来の石鹸系洗浄剤に比べて肌への刺激が少なく、皮膚のpHを健康的な範囲に保つ効果があることが示されています[2]。これは、この商品に使用されているアミノ酸系洗浄剤の有効性を裏付ける結果と言えるでしょう。

まとめ

みなさん、いかがでしたか?カルテHD モイスチュア ウォッシングフォームには、興味深い要素がたくさんありましたね。

この商品を使用することで、肌に優しい洗顔が可能になります。特に、敏感肌の方や、洗顔後のつっぱり感に悩んでいる方にとっては、救世主となる可能性があります。アミノ酸系洗浄剤による低刺激な洗浄力と、7つの保湿成分による潤い効果が、肌本来の健康的な状態を保つサポートをしてくれるでしょう。

また、ポンプ式で簡単に泡立てられる点も、忙しい朝の洗顔時間を短縮したい方や、面倒くさがりな方にとっては大きなメリットです。泡立ての手間が省けることで、毎日の洗顔が楽しみになるかもしれません。

一方で、総合評価が低い点や、スカルプケア力が弱い点は考慮する必要があります。頭皮ケアを重視する方や、より高機能な洗顔料を求める方にとっては、物足りない部分があるかもしれません。

しかし、コスパの高さを考えると、日常使いの洗顔料としては十分な性能を持っていると言えるでしょう。特に、肌トラブルに悩んでいる方や、洗顔料選びに迷っている方にとっては、試してみる価値のある商品だと考えられます。

最後に、この商品の重要なポイントをまとめると:

  • アミノ酸系洗浄剤による低刺激・マイルドな洗浄力
  • 7つの保湿成分「うるおいバリアCPX」配合で洗顔後もしっとり
  • ポンプ式で簡単に泡立てられる使いやすさ
  • コスパの高さ(5点満点中4.4点)
  • 総合評価は低めだが、敏感肌や乾燥肌の方には適している可能性が高い

以上、カルテHD モイスチュア ウォッシングフォームの解析結果をお伝えしました。あなたの肌質や好みに合わせて、最適な洗顔料を選んでくださいね。

[1] Draelos ZD. The effect of a daily facial cleanser for normal to oily skin on the skin barrier of subjects with acne. J Clin Aesthet Dermatol. 2006 Sep;5(4):26-30. [2] Ananthapadmanabhan KP, Moore DJ, Subramanyan K, Misra M, Meyer F. Cleansing without compromise: the impact of cleansers on the skin barrier and the technology of mild cleansing. Dermatol Ther. 2004;17 Suppl 1:16-25.
コーセー 【医薬部外品】 カルテHD モイスチュア ウォッシングフォームをAmazonアマゾンで購入
楽天rakutenで購入