ビューナ 紫外線バリア4 の解析結果

総合順位

総合得点 5点満点

成分数エキス系特効ダメ
  • ビューナ 紫外線バリア4 の詳細情報
  • コモライフの関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID]
  • [容量] 60ml
  • [参考価格] 1706円
  • [1mlあたり] 約 28.43円

ビューナ 紫外線バリア4 解析チャート

ビューナ 紫外線バリア4 の解説

スプレータイプの

紫外線反射剤。



サラリとした使用感が好ましい、紫外線を反射させて肌を守るタイプのUVケアスプレーです。

紫外線反射剤の欠点として、その能力が高いほどべたつく、という致命的な面があります。

この製品はシリコンや特殊な被覆剤で紫外線反射剤を覆うことで、ベタつきをカット。

さらさらした使用感と、高い安全性や密着性を持つバランスの良い製品として仕上がっています。

安全性+使用感の良さ+まずまず高い紫外線防御効果+ウォータープルーフといった特徴をお探しでしたら、きっと相性の良い製品となるでしょう。

ビューナ 紫外線バリア4 の全成分

1LPG

2シクロペンタシロキサン

環状シリコーンであり、揮発性を有する。蒸発すると皮膜が形成されるタイプで、さらっとした軽い感触を残す性質がある。

3酸化亜鉛

紫外線UVA散乱剤として用いられる他、抗菌作用を活かして消臭剤に使われることも。

4酸化チタン

別名二酸化チタンとも呼ばれる白色顔料で、紫外線UVB散乱剤として使われる他、着色用(例:おしろい)、歯のホワイトニングなどにも使われます。酸化チタンにブラックライトをあてると活性酸素が発生し、これがホワイトニング効果や殺菌作用を付与する。延びの悪さや白浮きといった課題があり、処方に配慮が必要。

5

6PEG-10ジメチコン

7グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

8ヒアルロン酸Na

ヒアルロン酸は肌の潤いを保つために真皮層に存在する物質ですが、化粧品として使うと肌表面で水分が蒸発するのを防ぐような働きを期待されます。肌には分子量が大きすぎるため浸透しません。

9セラミド3

10クエン酸Na

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

11シリカ

主に二酸化ケイ素のことです。吸水性が低いため、ファンデーションなどが湿気により固形化するのを防ぐ役割や、乳液の安定性を高めるためなどで利用されます。

12アルミナ

13メチコン

14トリメチルシロキシケイ酸

15(HDI/トリメチロールヘキシルラクトン)クロスポリマー

潤滑性の良い感触、ファンデーションの基剤として多く用いられています。一般に、着色剤の目的と同時に使用感や性状を調整する目的で、メークアップ化粧品を中心に使用されています。

16パルミチン酸エチルヘキシル

油性感が少ないさっぱりした感触のエステルオイルです。

17ジメチコン

ジメチルポリシロキサンの末端をトリメチルシロキシ基で封鎖した重合体。シリコンといえば、ジメチコンが代表的な成分です。皮膚保護・コーティング剤、消泡剤として使われますが、網目状のコーティングのため水分透過性や通気性は有する。

18PEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン

オイルに対する溶解性に優れた分岐シリコーン鎖ポリエーテル変性シリコーンです。粘度調整や乳化剤として用いられます。

19EDTA-3Na

20コレステロール

羊毛脂由来の成分で、ラノリンに多く含まれる。保湿効果を付与。

21水添レシチン

大豆リン脂質もしくは卵黄リン脂質に水素を添加した形。天然の界面活性剤であり、水素を添加してレシチンにありがちな臭いの問題をクリアにしています。経皮吸収促進作用や乳化分散作用を目的に配合。

22フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

販売元による宣伝文

国内規格で使用されるSPF・PA値の最大!!SPF50+ PA++++(4プラス)の全身UVスプレー。紫外線吸収剤不使用の、ノンケミカル処方!ノンパラベン、ノンアルコールだからお肌にやさしく、お子さまにもお使いいただけます。顔や髪にも使用できて、ウォータープルーフだから、全身強力に紫外線カットできます。

    ビューナ 紫外線バリア4 の関連商品

ビューナ 紫外線バリア4 を実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。