シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
香寺ハーブガーデン ハーブシャンプー(ラベンダー)
(香寺ハーブガーデン
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

香寺ハーブガーデン ハーブシャンプー(ラベンダー)

香寺ハーブガーデン


香寺ハーブガーデン ハーブシャンプー(ラベンダー) のオススメレベル

香寺ハーブガーデン ハーブシャンプー(ラベンダー) の解析結果

髪に使うシャンプーとしては単純な石鹸はNGです。


アルカリ性である石けんシャンプーのデメリットは、髪のキューティクルを開いてしまう、肌のセラミドを溶出させ、セラミドの産生を7時間前後遅らせる懸念がある。
また、合成界面活性剤に比べて石けんは洗浄に多くの分量を必要とするため、これも環境に優しいとは言えない原因になっています。

水道水のミネラル分と結合して石鹸カスを生成し、髪のごわつきを生じさせ環境に悪影響を与える(富栄養化)問題があります。


このように、基本的に髪と相性が最悪である石鹸を使うメリットなどほとんどなく、
そればかりか自然にやさしい訳でもない。
より優れた成分はいくらでも開発されている中で、完全に時代遅れな洗剤として認識すべき石鹸をチョイスする理由がどれほどあるのでしょう。


[PR]

香寺ハーブガーデン ハーブシャンプー(ラベンダー) の全成分:

水、カリ石鹸素他、グリセリン、ラベンダーエキス、クエン酸、トコフェロール(天然ビタミンE)、香料(ハーブエッセンス)

主な成分の解説をみるカリ石けん素地は単純な脂肪酸とアルカリによる石けんで、アルカリ性でなければ作用せず、そのアルカリ性であることが肌の保湿成分を溶出させる原因となります。
グリセリンは界面活性剤の刺激を抑えたり、やや持続する保湿効果、肌弾力アップ、肌の代謝促進効果を持ちます。3つある水酸基に水分子がつくことで保湿効果を発揮。安価でしっとりした素材。
ラベンダーエキスはシソ科のハーブで鎮痛・精神安定・殺菌効果を持つ。

    香寺ハーブガーデン ハーブシャンプー(ラベンダー) の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:1.4

  • 素材の品質:1.5
  • 安全性:1.5
  • 髪質改善効果:1
  • 頭皮環境改善 1.5
  • 費用対効果:1.5

  • 容量/400ml
  • 価格/1620円
  • 1mlあたり/4.05円

香寺ハーブガーデン ハーブシャンプー(ラベンダー) の宣伝文,商品説明:

化学的な成分を出来る限り使わず、自然に存在する成分で作った石鹸シャンプーです。
さっぱりとしたラベンダーの香りがします。
ハーブ本来の自然な香りをお楽しみください。
サッパリとした洗い心地のため、脂性の方や、スポーツをされる方、男性の方におすすめです。
ボディシャンプーとしても使用できます。

[PR]
香寺ハーブガーデン ハーブシャンプー(ラベンダー) 2017 (c)シャンプー解析ドットコム