シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
アイラブ・ジューシー リキッドシャンプー
(ラッシュ
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

アイラブ・ジューシー リキッドシャンプー

ラッシュ


アイラブ・ジューシー リキッドシャンプー のオススメレベル

アイラブ・ジューシー リキッドシャンプー の解析結果

最初からラウリル硫酸アンモニウムというパンチの効いたシャンプーです。


加えてアルキル(c12 13)硫酸Naという優しさのかけらも感じないような時代遅れの処方。
かつてのヨーロッパ諸国などで、硬水中でも泡立ちようにと使われていたようなシャンプーです。
もちろん、これを日本で使うのは意味がありません。
ただただ脱脂力が強いばかりで頭皮も髪も大きな負担を強いることになります。


[PR]

アイラブ・ジューシー リキッドシャンプー の全成分:

ラウリル硫酸アンモニウム、 水、 カラギーナン、 アルキル(C12、13)硫酸Na、 コカミドDEA、 コカミドMEA、 ラウロイルサルコシンNa、 香料、 レモン果皮油、 パパイア果汁、 海塩、 スイートオレンジ油、 パイナップル果汁、 キウイ果汁、 マンゴー果汁、 メチルパラベン、 プロピルパラベン

主な成分の解説をみるラウリル硫酸アンモニウムは皮膚や髪への浸透性が高い強脱脂、強洗浄性の、かつ肌荒れ率の高い洗浄剤。少しでも肌への悪影響を考えるなら配合されないはずの成分です。
カラギーナンは野生の紅藻が原料で、流動性のあるゲルを作成。
アルキル(C12.13)硫酸Naはラウリル硫酸Naと同型といえばわかりやすいでしょう。浸透力と脱脂力で肌荒れ患者を続出させた悪名高い洗浄剤です。
コカミドメチルMEAが泡立ちを安定、持続的に保つ。
ラウロイルサルコシンNaは、アミノ酸系とは言えないほど洗浄力が強く、かつ刺激性が懸念される洗浄剤。石けんのような沈着性があり、脱脂力が過剰・刺激性があり、感触も悪い成分。
レモン果皮油はリフレッシュ効果、デオドラント効果、収れん(肌の引き締め)、抗菌、殺菌作用を持つ精油です。
パパインはたんぱく質分解酵素で、たんぱく質のペプチド結合を切断し、アミノ酸に分解する。ピーリングで利用される。
マンゴー種子油はトリグリセライドを豊富に含む東洋人の毛髪に特に馴染みのよいオイル。香りと感触が優れた成分。

    アイラブ・ジューシー リキッドシャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:7

  • 素材の品質:31
  • 安全性:1
  • 髪質改善効果:1
  • 頭皮環境改善 1
  • 費用対効果:1

  • 容量/250ml
  • 価格/1728円
  • 1mlあたり/6.91円

アイラブ・ジューシー リキッドシャンプー の宣伝文,商品説明:

思いっきりフルーティー、髪サラサラ
まるでフルーツバスケットのようビタミンいっぱいのシャンプー。
パイナップル、パパイヤ、マンゴ、レモン、オレンジオイル。
しぼりたてのフルーティーな香りが、髪いっぱいにひろがります。
硬水でも美しく仕上げるので海外旅行にも。

[PR]
アイラブ・ジューシー リキッドシャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム