ロレアル セリオキシル デンサーヘアの解析結果

総合順位

50

総合得点 5点満点

2.78
成分数エキス系特効ダメ
14110
  • ロレアル セリオキシル デンサーヘアの詳細情報
  • ロレアルの関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 5267
  • [容量] 90ml
  • [参考価格] 3880円
  • [1mlあたり] 約 43.11円
素材 
1.9
安全性
4.3
コスパ 
2.4
環境 
2.9
補修力
2.7
潤滑性
1.7
頭皮改善 
2.5
ツヤ 
1.9
持続性
2.4
感触 
2.2
アンチエイジング
2.7
美白
3
育毛
2.1

ロレアル セリオキシル デンサーヘアの解説

結局ルチジン酸ジエチルがどうかという点に尽きる

別名ステモキジシンとも呼ばれるルチジン酸ジエチルですが、これはロレアル特許の成分で、
毛髪の休止期を短縮して成長させようという特徴があるらしいですが、
今現在、この成分の有効性は実証されてるとは言えません。
今後追跡調査する必要があります。

ルチジン酸ジエチルはともかく、

ベースに変性アルコールというのも妙な処方です。



消費者に良心的なメーカーであれば考えにくい処方ということです。



育毛を意図した製品なのですが、例えば友人に勧めたくなる様なタイプではありません。



ルチジン酸ジエチルの可否は定かではないにしろ、その他の部分でも品質の高さを感じることが出来ません。



値段が値段ですから、はっきりとした効果や安全性が感じられないものはどうしても否定的な印象を持ちます。

ロレアル セリオキシル デンサーヘアの全成分

1変性アルコール

飲料としての用いられないように不純物を混ぜ込んだアルコールです。質の高い製品には配合されないであろう成分ともいえます。

2

3ルチジン酸ジエチル

別名ステモキジシン。ロレアルが特許を持つ成分で、毛髪の休止期を短くし、毛髪の成長を促す成分と言われています。効果の程は今のところよくわからない。

4PEG-40水添ヒマシ油

エッセンシャルオイル向けの万能な可溶化剤。アルコール多い系で使われます。

5ネオヘスペリジンジヒドロカルコン

6リナロール

7リンゴ果実培養細胞エキス

・リンゴ果実培養細胞エキスは肌の「幹細胞」の寿命を延ばし、また新しい細胞の生成を促進する効果が認証されているアンチエイジング成分。

8ゲラニオール

バラに似た香料で、防蚊効果を有する。

9シトロネロール

10サリチル酸ベンジル

11ベンジルアルコール

芳香族アルコールの一種で、空気中で酸化されると安息香酸になる。各種溶剤としてや芳香性の良さから殺菌剤としても用いられる。 エステル化するとイランイランやジャスミンなどの香りの元となる酢酸ベンジルなどを作ることが可能。

12リモネン

13クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

14香料

香りづけ。

販売元による宣伝文

● ロレアルの独自成分「ステモキシジン」配合、毛髪の密度感をサポートし、質の高い毛髪を生み出すアシストをします。●うるおって、健やかな頭皮環境に整え、美しい髪へと導きます。 ●美しい髪を継続的に維持したい方、髪の密度感に変化を感じ始めた方、髪質に変化を感じ始めた方にお勧めです。

ロレアル セリオキシル デンサーヘアの関連商品

ロレアル セリオキシル デンサーヘアを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。