アサイ シャンプー


[製造販売元] イコヴェ

[商品ID] 1867


総合順位
340位

総合評価 5点満点
2.53

洗浄力
50%
素材
48%

安全性

32%

コスパ 

30%

環境 
68%
補修力
48%
ツヤ 
36%
感触 
58%
育毛
78%
洗浄剤
74%

成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
172600

[参考価格] 250ml 2592円
[1mlあたり] 約10.37

アサイ シャンプー の解析

[PR]
肌へのマイルドさを重視したためか、洗浄力は非常に控え目な内容となっています。


最低限の洗浄力は確保していますが、マイルドさの方が際立っている内容といえますので、洗い心地としては満足感がさほど高いと言えないベースとみます。


洗浄力を犠牲にして得たい何かがあるとは思えない内容で、
脇役の成分も凡庸なものに終始。

それほど魅力のない出来栄えと言えるでしょう。


極めて肌の弱い方が洗浄力を必要としないシャンプーを探しているような時に選択肢になり得る一品です。


例えば、赤ちゃんのような。


アサイ シャンプー の全成分

[PR]

1

2デシルグルコシド

糖系の非イオン界面活性剤で、洗浄性と泡立ちが優れます。他の洗浄剤と組み合わせて刺激性を抑制したり、使用感を改善する目的で使われます。

3コカミドプロピルベタイン

両性界面活性剤。洗浄剤としての陰イオン界面活性剤な部分と、コンディショナーとしての陽イオン界面活性剤の部分を併せ持つ界面活性剤。主には主洗浄剤の粘度調整や洗浄力の緩和、コンディショニング作用の付与を目的に使われる。両性界面活性剤単体で使うと皮膚に刺激性があるため、メインでは用いられることは少ない。組成名ヤシ油脂肪酸アミドプロピルジメチルアミノ酢酸ベタイン水溶液という。

4パルマローザ油

タバコの香り付けや石鹸、香水にも使われる精油です。レモングラスなどと近い。抗菌・肌の弾力性向上作用などを付与します。

5ラバンデュラハイブリダ油

6ソルビトール

7アロエベラ葉エキス

ユリ科アロエベラの葉エキスです。創傷治癒、美白、抗炎症作用などを付与。

8アセロラエキス

9アサイ果実エキス

10ローズマリーエキス

シソ科常緑樹ローズマリーの葉から得たエキスです。精油としてもおなじみですが、フラボノイド、タンニン、フラボノイド類などを含みます。抗菌作用・抗炎症作用・収れん作用を付与します。

11ラベンダーエキス

12ニオイスミレエキス

13クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

14ソルビン酸K

・防腐剤のソルビン酸Kは食品でも使われるマイルドで効果の優れた素材です。
肌への優しさへの考慮を感じられる一面です。

15安息香酸Na

・安息香酸Naはエゴノキ科アンソウクコウノキ樹脂由来の抗菌剤で、安全性の面から1%以下の配合量規制。安定性を考えてパラベンを併用することが多い。

16加水分解コムギタンパク

17グアーガム

 

メーカーの紹介文

頭髪の健康を保つアサイやローズマリーなどのハーブエキスが、髪にツヤを与えしなやかに保ちます。
ボリュームがほしい方にも。

アサイ シャンプー の関連商品

[PR]
一番上へ戻る ステータス 解説 全成分 関連商品

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム解析ストアなどを運営。