エッセンシャルflat エアリースムース シャンプーの解析結果

エッセンシャルflat エアリースムース シャンプー

総合順位

1963

総合得点 5点満点

1.25
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
174000
  • エッセンシャルflat エアリースムース シャンプーの詳細情報
  • 花王の関連商品
  • [JANコード] 4901301383037
  • [商品ID] 7670
  • [容量] 500ml
  • [参考価格] 990円
  • [1mlあたり] 約 1.98円
エッセンシャルflat エアリースムース シャンプー解析チャート

エッセンシャルflat エアリースムース シャンプーの解説

エッセンシャルらしさ全開

控えめに言って話にならないシャンプー

エッセンシャルというか、花王らしいシャンプーといえばそれまでなのですが、シンプルにダメという表現がしっくりくるものとなっています。

ラウレス硫酸アンモニウムベース、ほぼ単体というような洗浄剤はシンプルに残念ですし、ラノリンのアレルギー性や臭気、リンゴ酸の刺激性などが心配になってくる他、エタノールのシンプルな刺激というのも感じる方がいそうです。

強い洗浄力と様々な刺激性が問題となりそうなエッセンシャル。

このシンプルな処方の中に逆にこれだけ心配事を詰め込めるのがすごいという言い方もできそう。

コンディショニング効果?なにそれ?という感じの威勢のよいクレンジングシャンプーであり、徹底して脱脂するには重宝しそうな製品です。

一部、PPG-3カプリリルエーテルのようなシリコン代替成分や、コハク酸などのミネラル分除去能によって髪のすべりを改善する効果を期待できるのでは?という面もありますが、シンプルに洗浄剤の質の悪さがすごいためにカバーしきれるレベルではないと見ています。

この安い価格帯の中でも、なかなか厳しいクオリティのシャンプーと言えそうですね。

エッセンシャルらしいといえば、それまでですが。

・安息香酸Naはエゴノキ科アンソウクコウノキ樹脂由来の抗菌剤で、安全性の面から1%以下の配合量規制。安定性を考えてパラベンを併用することが多い。
安息香酸Na
両性界面活性剤。主洗浄剤の泡立ち、粘度を調整したり、コンディショニング効果を与える作用があります。きめ細かい泡質。単体では使われることは少なく、補助洗浄剤として用いられます。
ラウラミドプロピルベタイン
リンゴ酸は、天然ではリンゴなどの果実に多く含まれている有機酸のことです。ブドウ酸を還元する方法でも合成することができます。高配合で肌に刺激となることも。髪の表面を潤滑させたり、pHを整える効能も。
リンゴ酸
殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。
エタノール
塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロースと呼ばれる素材。植物セルロース由来の成分で、カチオン性でありダメージの保護、コーティング効果、保湿性を付与します。
ポリクオタニウム-10
水酸化カリウムです。苛性カリとも呼ばれ、強いアルカリ性を示し、タンパク質に対し強い腐食性があるため劇物に指定されています。主に石けんを作る際の材料として使われるほか、界面活性剤に配合され強烈な油汚れやタバコのヤニ落としなどに用いられる。また、配管に詰まった毛髪を溶かす用途でも使われる。ただし、劇物に指定されているように非常に物性が強いため、専門的な業者によって使われることが多い。
水酸化K
カプリリルアルコールのポリプロピレングリコールエーテルです。シリコンの代替としても用いられる他、シリコンとの併用で均一性の高い皮膜を形成し、ツヤ感をアップさせる効果も。
PPG-3カプリリルエーテル
ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸アンモニウム塩。肌への浸透性はラウリル硫酸塩より低減しているが、洗浄力は同等に強い。泡立ちは最高級に強いが、必要以上に脱脂してしまうため肌や髪の乾燥を招きやすい。安価で作れる点が最も好まれているが、美容を考えたら歓迎できない成分である。
ラウレス硫酸アンモニウム
ラウリルアルコールのポリエチレングリコールエーテルです。主に乳化剤として利用されます。
ラウレス-16
ラウラミドプロピルベタインのような両性界面活性剤とほぼ同じような構造です。洗浄性とコンディショニング効果の両面を持つ成分で、皮膚・粘膜刺激が低く泡質の安定性や増粘作用を付与します。
ラウリルヒドロキシスルタイン

クレンジングシャンプーというか、安っぽいシャンプー。

販売元による宣伝文

ボワボワやわらかくせ毛も365日使うたび、扱いやすく。
根元ペタンとさせず、毛先まとまる。