TONY TANAKA(トニータナカ) R+(リープラス) スカルプヘアエッセンスの解析結果

TONY TANAKA(トニータナカ) R+(リープラス) スカルプヘアエッセンス

総合順位

40

総合得点 5点満点

3.27
成分数エキス系特効ダメ
26510
TONY TANAKA(トニータナカ) R+(リープラス) スカルプヘアエッセンス解析チャート

TONY TANAKA(トニータナカ) R+(リープラス) スカルプヘアエッセンスの解説

悪くないだけでは使えない

そんなに悪いとは思わないが、劇的に育毛に役立つとも思わない、そんな立ち位置です。

可もなく不可もなし

素材選びは悪くないんです。

センブリ、ニンジン、グルコシルヘスペリジン、ダイズ、カッコン、海藻・・などなど、昔から育毛に良いとされる植物系のエキスを中心に投入されていて、それなりにトニック剤として機能してくれそうですね。

メントールの刺激や、ダイズ系エキスによる男性ホルモン抑制、コラーゲン・トリペプチドFのコラーゲン、ヒアルロン酸産生促進作用も育毛に一役買う作用の1つといえるでしょう。

控えめすぎる薬効?

ただ、これらの効能にもっとも欠けているのが、即効性でしょう。

塗ったらすぐ生えるようなトニックもありませんが、このタイプはとにかく作用がマイルドすぎる印象

途方も無い年月使い続けて、やっと違いが出るかどうか、というレベルであると感じます。

まとめ

効果はあるかもしれないが、数ヶ月レベルで体感できるような即効性はまったく期待できないのです。

そもそも髪が生えるスピードも1ヶ月でやっと1センチ弱ですし、無から有を生み出すほどの薬効ともいえる効果があるかと言われると、かなり厳しい。

値段の割には普通に感じてしまう、そんな印象の一本でした。

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。
フェノキシエタノール
殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。
エタノール
ダイズエキス
肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。
濃グリセリン
アルコールの一種で、 2-イソプロピル-5-メチルシクロヘキサノール とも呼ばれる。ハッカに含まれ、清涼感、血行促進作用を付与します。
l-メントール
水添レシチンです。天然界面活性剤のレシチンに水素を添加して臭いの問題を解消した保湿成分です。
水素添加大豆リン脂質
大豆たん白加水分解物

トニックとして普通、ということはあまり使い物にならないということ。

販売元による宣伝文

有効成分が頭皮に働きかけ、抜けにくくしっかりとした毛髪を養います。 育毛、薄毛、かゆみ、脱毛の予防、ふけ、病後・産後の脱毛、養毛におすすめです。
【ご使用方法】
頭皮に直接スプレーしてください。両手の指を使って、頭皮全体を、しっかりマッサージしながら擦り込むようになじませてください。
頭皮が乾いた状態で、朝晩1日2回、ご使用頂くと、いっそう効果的です。