ビューナ ポインツカバーコンシーラー の解析結果

総合順位

総合得点 5点満点

成分数エキス系特効ダメ
  • ビューナ ポインツカバーコンシーラー の詳細情報
  • ビューナの関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID]
  • [容量] 30ml
  • [参考価格] 1038円
  • [1mlあたり] 約 34.6円

ビューナ ポインツカバーコンシーラー 解析チャート

ビューナ ポインツカバーコンシーラー の解説

超強力コンシーラーであり、滑らか持続性高。



機能的な成分がずらりと並び、一般的な製品よりも強い平滑性、引き締め効果によって抗ニキビ、凹凸埋め効果、肌にハリを持たせる効果を期待できます。



ベタつきなしで高濃度のカバー力



非常に高い紫外線防止効果を持ち、カバー力と毛穴引き締め効果を内包した肌荒れ防止効果を持つコンシーラーです。

肌の凹凸を残さず埋めていくような高いコーティング効果と、生体適合性保湿剤のリピジュアや、油溶性ビタミンCの抗酸化作用がうれしい一品。

肌を整えながら、カバーすることが可能です。

ビューナ ポインツカバーコンシーラー の全成分

1

2シクロメチコン

3酸化チタン

別名二酸化チタンとも呼ばれる白色顔料で、紫外線UVB散乱剤として使われる他、着色用(例:おしろい)、歯のホワイトニングなどにも使われます。酸化チタンにブラックライトをあてると活性酸素が発生し、これがホワイトニング効果や殺菌作用を付与する。延びの悪さや白浮きといった課題があり、処方に配慮が必要。

4シクロペンタシロキサン

環状シリコーンであり、揮発性を有する。蒸発すると皮膜が形成されるタイプで、さらっとした軽い感触を残す性質がある。

5イソノナン酸イソノニル

低粘性でさらっとした油剤。クレンジング性能に優れ、べとつかせたくない場合に重宝されるエステルオイルです。

6ベンチレングリコール

7酸化亜鉛

紫外線UVA散乱剤として用いられる他、抗菌作用を活かして消臭剤に使われることも。

8グリセリルウンデシルジメチコン

皮膜形成剤、乳化剤

9PEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン

オイルに対する溶解性に優れた分岐シリコーン鎖ポリエーテル変性シリコーンです。粘度調整や乳化剤として用いられます。

10酸化鉄

文字通り酸化された鉄のことです。化粧品で様々な色調を表現するのに使われる素材で、吸油性、分散性に優れ取り扱い易い。

11PEG/PPG-19/19ジメチコン

12パルミチン酸

炭素数16、融点が50℃を越える飽和脂肪酸。

13パルミチン酸デキストリン

14ポリグリセリル-3ポリジメチルシロキシエチルジメチコン

無機顔料の分散作用、手触りの潤滑性、エモリエント性を向上させます。

15PPG-10ジメチコン

16トリエトキシシリルエチルポリジメチルシロキシエチルヘキシルジメチコン

粉体の疎水化処理用シリコーンオイル

17フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

18水酸化AL

酸化チタンや酸化亜鉛などの光触媒作用による肌へのダメージを、水酸化Alで被膜することにより防止します。また、収れん作用があるため肌や歯磨き時の歯肉引き締め効果などに用いられることも。

19ステアリン酸

20ジステアルジモニウムヘクトライト

粘土鉱物のヘクトラクトに界面活性剤を吸着処理して得られる有機変性の粘土系増粘剤。油性成分の増粘や粉体顔料の分散の安定化など化粧品の固さを調節したり、使用感の向上目的で配合されます。毒性や皮膚刺激性はほぼありません。

21(ジメチコン/メチコン)コポリマー

ハイドロゲンジメチコン。皮膜形成剤です。無機顔料を被覆し撥水効果を持たせ、つや出しの効果を与えるほか肌への負担も軽減します。

22メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

23グリチルリチン酸2K

細胞レベルで抗炎症作用を示す甘草由来の抗炎症成分。

24ラベンダー油

シソ科ラベンダーの葉茎から得られるオイルです。鎮痛・リラックス効果・抗炎症・抗菌作用などを付与します。ただし、酸化により接触アレルギーを起こす可能性もある。

25BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

26エナンチアクロランタエキス

27ポリクオタニウム-51

2-メタクロイルオキシエチルホスホリルコリンとメタクリル酸ブチルとの重合体で、通称リピジュアです。生体適合性成分であり、高い安全性とヒアルロン酸を圧倒的に上回る保湿効果が特徴です。

28パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na

脂溶性と水溶性の両方の特徴を持つビタミンC誘導体です。皮脂になじんで肌に浸透して機能する抗酸化成分となっています。肌に浸透するとパルミチン酸とアスコルビン酸に分解され、ビタミンCとしての機能を肌内部で起動させることができます。非常に肌への吸収効率が高く、従来のビタミンC誘導体の数十倍という浸透性を有します。美白効果、抗炎症・抗酸化作用を付与します。

29プラセンタエキス

美白作用や抗シワ作用があるとされますが、肌に塗るという使用法ではやや効果が疑問視されます。様々な効能や栄養素が含まれる、と言われますが、裏を返せばどの効果も薄いということもあり、プラセンタ配合のおかげで実際にメリットがあったという有効な研究結果も乏しいものです。

30オレアノール酸

販売元による宣伝文

●ニキビの赤い跡、凹凸跡それぞれに働きかけるエバーマット・人工皮膚成分リピジュアを配合したコンシーラー。殺菌成分配合で、肌荒れ防止しながらきっちりカバー!!

    ビューナ ポインツカバーコンシーラー の関連商品

ビューナ ポインツカバーコンシーラー を実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。