成分名

パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na

医薬部外品原料規格

パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na

INCI名

Trisodium Ascorbyl Palmitate Phosphate

CAS番号

カテゴリ

化学式

成分ID

537

パルミチン酸アスコルビルリン酸3Naのイメージ

概要

脂溶性と水溶性の両方の特徴を持つビタミンC誘導体です。皮脂になじんで肌に浸透して機能する抗酸化成分となっています。肌に浸透するとパルミチン酸とアスコルビン酸に分解され、ビタミンCとしての機能を肌内部で起動させることができます。非常に肌への吸収効率が高く、従来のビタミンC誘導体の数十倍という浸透性を有します。美白効果、抗炎症・抗酸化作用を付与します。

パルミチン酸アスコルビルリン酸3Naの解析

パルミチン酸アスコルビルリン酸3Naは、ビタミンCの強化バージョンとも言える成分です。この成分は肌に吸収されるとビタミンCとして機能し、肌の内側と外側から美容をサポートします。特に、シミの原因となるメラニン色素の生成を抑制したり、シワの原因となるコラーゲンの減少を防ぐ効果があります。さらに、肌に吸収された後は肌の内部で広がりやすく、その結果、肌の表面だけでなく深部までケアすることが可能です。したがって、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Naを含む化粧品を使用することで、シミやしわの予防、美白効果など、さまざまな美容効果が期待できます。
Canvas not supported...

パルミチン酸アスコルビルリン酸3Naを含む商品

スカルプエッセンス ダブルブラック