オルナオーガニックシャンプーの解析結果 | シャンプー解析ドットコム 

オルナオーガニックシャンプーの解析結果

ランク:822位 ポイント:2.6 1mlあたり:4円
  • オルナオーガニックシャンプーの詳細情報
  • ALLNA ORGANICの関連商品はこちら
  • [JANコード]
  • [ランキング] 822位
  • [ポイント(5点中)] 2.6点
  • [ジャンル] S
  • [容量] 500ml
  • [参考価格] 2000円
  • [1mlあたり] 約 4円
  • [商品ID] 6819
  • [成分数]61
  • [洗浄剤数]3
  • [エキス類]27
  • [特に優れた成分]2
  • [要注意成分]0

オルナオーガニックシャンプーの全成分

販売元による宣伝文

【 髪への優しさの追求力 】

< 硫酸系フリー >
ラウリル硫酸Na
ラウレス硫酸Na
石油系界面活性剤は一切使用しておりません。

< アミノ酸系洗浄 >
ヤシ油脂肪酸とベタイン(クコやサトウ大根に
多く含まれる成分)を結合させた両面界面活性剤のコカミドプロピルベタインにより、
地肌のことを考えた洗浄を追求しました。

< 8つの無添加 >
ノンシリコンを中心に、8つの無添加を達成しました。
「合成着色料」「合成香料」「鉱物油」「ノンシリコン」「ノンパラベン」「アルコールフリー」「紫外線吸収剤不使用」「石油由来界面活性剤不使用」

オルナオーガニックシャンプー解析チャート

オルナオーガニックシャンプーの解説

成分数は多いが実際のところは・・

典型的なエキスの種類自慢系のシャンプーです。

エキスがあれもこれも入っている、という処方ですが、数が多ければ1つ1つの濃度は低くなる法則がありますので、
実際のところ役に立っているエキスはほぼないと見てもよいくらいです。
しかも、洗い流しますからね。
超微量のエキスを一瞬頭に乗せてすぐ洗い流す。これで何かよいことがあると思うほうが難しいでしょう。
逆に、影響力の強い成分はオレフィンスルホン酸Na。洗浄剤はこれがほぼ占めている状態ですので、
安いシャンプーの典型的な内容であるのがわかると思います。

脱脂力が非常に強く、肌への負担もわりとあるシャンプー、ということですね。
さらに、やたら種類の多い植物エキスは影響力があまりありません。
その他、抗酸化力を付与するビタミンC誘導体が配合されている、というような内容です。

ざっと見た印象では、オレフィンスルホン酸Naで脱脂力が強く、ヒアルロン酸セットでエモリエントなカバー力を付与する。
使用感は泡立ちもよく、潤いを感じさせるため悪くはないですが、実際には脱脂力の強さにより乾燥肌への影響、髪の乾燥の懸念が使うたびに増えてしまうのですね。
長い目で見るとメリットをさほど感じないシャンプーです。
何度か使う程度の頻度低めな使い方なら悪くありませんが。。

成分の数が多いというのは、メリットよりもデメリットになりやすい



実質、大部分を占めている成分がなにかを知ることが大事です。