Vitaming(バイタミング) ボディソープ レディースの解析結果 | シャンプー解析ドットコム 

Vitaming(バイタミング) ボディソープ レディースの解析結果

販売開始から 1年5ヵ月6日
LIFELONG Vitaming(バイタミング) ボディソープ レディースをAmazonアマゾンで購入
楽天rakutenで購入
総合点1.92
294個中180位
品質-1.7 %
成分数77
1mlあたり2円 %
安全性3.7 %
エキス類17
全成分
詳細情報
  • Vitaming(バイタミング) ボディソープ レディースの詳細情報
  • [発売日]20210623
  • [JANコード] 4589420290223
  • [ランキング] 180位 294個中/
  • [ポイント(5点中)] 1.92点
  • [ジャンル] BS
  • [容量] 500ml
  • [参考価格] 980円
  • [1mlあたり] 約 1.96円
  • [商品ID] 8675
  • [ASIN] B097BR8X1Q
  • [商品サイズ] 18.6x9x7.9
  • [商品重量] 590g
  • [成分数]77
  • [洗浄剤数]2
  • [エキス類]17
  • [特に優れた成分]4
  • [要注意成分]0
販売元による宣伝文
【女性のためのボディソープ】バイタミングは、日々の生活の中で大切な栄養素である『ビタミン』を『手軽に』美容に活かすために作られた美にこだわる女性のためのビタミンボディソープです。
【天然由来100%の洗浄成分でやさしくケア】バイタミングは肌へのやさしさにこだわり、100%天然由来の洗浄成分と厳選した保湿成分を配合することですっきりとした洗い心地としっとりした潤いある肌を実感いただけます。
【ビタミンを効率よく取り入れる豊富な成分】バイタミングは、7種類のビタミン、6種の植物エッセンシャルオイルなどビタミンを効率よくお肌に取り入れるための成分(ビタミン誘導体)が厳選し、配合しています。
【商品タイプ】ボディソープ、ボディウォッシュ、ボディクレンジング
【香り】レモン&ベルガモット
関連商品
    Vitaming(バイタミング)の関連商品
LIFELONG Vitaming(バイタミング) ボディソープ レディースをAmazonアマゾンで購入
楽天rakutenで購入
Vitaming(バイタミング) ボディソープ レディース解析チャート

Vitaming(バイタミング) ボディソープ レディースの解説

概要

  • エイジングケア成分は豪華絢爛。
  • なのにもったいない。
  • 洗浄剤がアレ。

どんなボディソープ?

ランキングに旋風を巻き起こす場合バイミングブランドの数々。

こちらのボディーソープも、果たして上位に食い込むことができるのでしょうか?

このブランドに共通する数多くのエイジングケア成分はそのままに、豪華な脇役たちが輝きを放つ構成になっています。

やはりこの商品も、高得点をマークするのでしょうか?

しかし、肝心のベースの洗浄剤が、石鹸です。

これでは、エイジングケアするどころか肌を逆にエイジングさせてしまう結果になりかねません。

石鹸のさっぱりした感触は日本の高温多湿環境では気持ちのよいものですが、肌バリアが無駄に奪われてしまい、結果肌の美容という面に関してはマイナスに働くことが多いのです。

いくら抗酸化作用がある成分(テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Naなど)がたくさん含まれていたとしても奪われてしまうものの方が多いのでは良い結果になりません。

極めて多くの油分やアミノ酸、はたまたヒアルロン酸や、ペプチド系成分まで、実に様々な保湿成分を配合しているボディーソープではあるものの、肌の奥から肌バリア成分を溶かし出してしまうというこの石鹸という洗浄剤のデメリットを補うには十分ではありません。

逆に言えば、洗浄剤の部分が改良されれば間違いなく上位に食い込む逸品となり得る素質があると言えるのです。

LIFELONG Vitaming(バイタミング) ボディソープ レディースをAmazonアマゾンで購入
ヒアルロン酸は肌の潤いを保つために真皮層に存在する物質ですが、化粧品として使うと肌表面で水分が蒸発するのを防ぐような働きを期待されます。肌には分子量が大きすぎるため浸透しません。
ヒアルロン酸Na
・リンゴ果実培養細胞エキスは肌の「幹細胞」の寿命を延ばし、また新しい細胞の生成を促進する効果が認証されているアンチエイジング成分。
リンゴ果実培養細胞エキス
・安息香酸Naはエゴノキ科アンソウクコウノキ樹脂由来の抗菌剤で、安全性の面から1%以下の配合量規制。安定性を考えてパラベンを併用することが多い。全ての化粧品に対して、安息香酸Al、安息香酸Naなどの安息香酸塩類の合計量は100g中に1.0gまで。
安息香酸Na
加水分解コラーゲン
オレンジ果汁
レモン果汁
グレープフルーツ果実エキス
沖縄産パッションフルーツの果実から抽出したエキス。ルテオリン配糖体など様々なポリフェノール類を含有し、抗酸化作用やエンドセリン-1の合成抑制作用を付与。
クダモノトケイソウ果実エキス
コラーゲンの形をそのままに水に溶解させたのがこの水溶性コラーゲンです。魚の骨や皮、うろこを原料として、匂いが少なく吸収性が高いのが特徴です。
水溶性コラーゲン
アルガンオイルです。モロッコ原産で、アルガンの木1本から1リットルしか採れないオイル。オレイン酸・リノール酸リッチで、ビタミンAやセサミンなども含みます。抗酸化作用やしっとりリッチな感触を付与。
アルガニアスピノサ核油
・サンザシエキスはバラ科サンザシの花、葉、実抽出エキス。フラボノイド、ビタミンCを多く含有し、保湿、美白、収れん作用を与えます。
サンザシエキス
シアの木の実から採れる植物油脂。体温付近で溶け、なめらかな感触、自然なエモリエント感を示す。また、わずかながら創傷治癒作用をもつアラントインや、整肌作用を持つカロチノイド、トコフェロールなどを含む。
シア脂
コラーゲンの末端にあるアレルギー成分を除去し、コハク酸を結合させて中性域での溶解性を高めた物質。肌に張り付くような感触で保湿効果を付与。
サクシノイルアテロコラーゲン
殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。
エタノール
肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。含有量95%以上のものを濃グリセリンと呼びます。
グリセリン
コカミドDEAのこと。粘度調整など洗浄剤の補助としての役回りが多い。発がん性を懸念する声も出た成分ですが、かなりレアな他の成分との混合を高濃度で起こさない限りその心配はない。例えば、亜硝酸塩とコカミドDEAを高濃度で混ぜ合わせるなど。通常のシャンプーの中でそのようなことが起きることはないので、この成分を避けるというのは理に適わない。
コカミドDEA
スーパーヒアルロン酸と呼ばれる素材です。親水性のヒアルロン酸にアセチル基を導入することで疎水性も与え、肌の角質の保湿効果を通常のヒアルロン酸よりも約2倍に高めます。また、分子量を小さく維持するので、肌への馴染みがよりよくなります。
アセチルヒアルロン酸Na
1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。
BG
さわやかな芳香が特徴の柚子果実から得たエキスです。ゆず湯やお吸い物、ポン酢にも使われる素材ですが、化粧品ではホワイトニング作用、血行促進作用、温熱、創傷治癒などの効能があります。
ユズ果実エキス
加水分解ヒアルロン酸
オレイン酸を主とするトリグリセライド。エモリエント作用を付与。
アボカド油
チャ葉から抽出したエキスです。抗菌作用が優れ、タンニンの収れん作用、ビタミン類の抗酸化作用、アミノ酸の保湿作用など付与します。
チャ葉エキス
水酸化カリウムです。苛性カリとも呼ばれ、強いアルカリ性を示し、タンパク質に対し強い腐食性があるため劇物に指定されています。主に石けんを作る際の材料として使われるほか、界面活性剤に配合され強烈な油汚れやタバコのヤニ落としなどに用いられる。また、配管に詰まった毛髪を溶かす用途でも使われる。ただし、劇物に指定されているように非常に物性が強いため、専門的な業者によって使われることが多い。
水酸化K
リンゴ果実エキス
アミノ酸系の洗浄剤ですが、比較的洗浄力が強く泡立ちが強い。
ココイルグリシンNa
化粧品用の緑茶乾留エキスです。高い消臭効果や抗菌作用が特徴です。
チャ乾留液
アルガニアスピノサカルス培養エキス