シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
フォード ウォーターマトリックス CV-W ウォッシングシャンプー 
(三口産業
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

フォード ウォーターマトリックス CV-W ウォッシングシャンプー

三口産業


フォード ウォーターマトリックス CV-W ウォッシングシャンプー のオススメレベル

フォード ウォーターマトリックス CV-W ウォッシングシャンプー の解析結果

ダメ。雑。



くっきりした洗浄性の部分は悪くありませんが、カチオン界面活性剤(ステアルトリモニウムブロミド)でコンディショニング効果を持たそうとしているなど雑な要素が残念で、刺激性が心配な一品。
そこに尽きます。


[PR]

フォード ウォーターマトリックス CV-W ウォッシングシャンプー の全成分:

水、スルホコハク酸ラウレス2Na、ラウレス-4酢酸Na、コカミドDEA、ラウラミドプロピルベタイン、ポリクオタニウム-10、グリセリン、フェノキシエタノール、PCAイソステアリン酸PEG-30水添ヒマシ油、ステアリルトリモニウムブロミド、ボタンエキス、フユボダイジュ花エキス、アルテア根エキス、アルニカ花エキス、クエン酸、プロピルパラベン、メチルパラベン、ブチルパラベン、メチルクロロイソチアゾリノン、メチルイソチアゾリノン、イソプロパノール、BG、香料

主な成分の解説をみるスルホコハク酸(C12-14)ラウレス2Naは高い洗浄力と泡立ち力で、生分解性が良い点が特徴のやや低刺激洗浄剤。
ラウレス-4酢酸Naは酸性石けんと呼ばれる弱酸性でも泡立ち、洗浄できるタイプの洗浄剤。非常に肌にマイルドで、かつ洗浄力、泡立ちに優れるさっぱりタイプのアニオン界面活性剤。
ラウラミドプロピルベタインは両性界面活性剤で、洗浄剤の刺激緩和や粘度調整、コンディショニング効果を与えます。
PCAイソステアリン酸PEG-40水添ヒマシ油はピロリドンカルボン酸と多価アルコールによる非イオン界面活性剤で、増粘、乳化安定、可溶化剤として優れた成分。
ステアルトリモニウムブロミド(4級カチオン界面活性剤)は静電気防止、指通り改善、ダメージ部の疎水性を復元し、シリコーン類の定着を促進。比較的低刺激。
ボタンエキスは抗酸化作用、コラーゲン産生促進、皮脂の抑制、抗炎症作用、抗菌、抗アレルギー作用。
アルテア根エキスは肌の保湿力を維持し、線維芽細胞増殖促進、コラーゲン産生促進作用を付与。肌の潤いをアップさせます。
アルニカ花エキスは抗酸化作用、メラニン生成を抑制。

    フォード ウォーターマトリックス CV-W ウォッシングシャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2

  • 素材の品質:2
  • 安全性:2
  • 髪質改善効果:2
  • 頭皮環境改善 2
  • 費用対効果:2

  • 容量/300ml
  • 価格/1890円
  • 1mlあたり/6.3円

フォード ウォーターマトリックス CV-W ウォッシングシャンプー の宣伝文,商品説明:

髪に優しいマイルドな洗浄成分を使用したシャンプーです。豊かな泡立ちでシャンプー時の摩擦や損傷から髪を保護しながら、指通りのよいしなやかな髪に洗い上げます。また、生分解性に優れているので、環境にも優しいシャンプーです。

[PR]
フォード ウォーターマトリックス CV-W ウォッシングシャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム