シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ラックス ビューティリファイン シャンプー
(ユニリーバ
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

ラックス ビューティリファイン シャンプー

ユニリーバ


ラックス ビューティリファイン シャンプー のオススメレベル

ラックス ビューティリファイン シャンプー の解析結果

平凡で駄作。使う価値は見いだせない。


ユビキノン、コラーゲン、スクワランといった「名ばかりでそれほど効能を残さない成分」を売りにしている一品ですが、
何と言っても洗浄・脱脂力が強すぎるというのが第一。

コエンザイムQ10で有名なユビキノンといった成分は、肌の上から シャンプーに微量含まれる程度のものを塗っても何も期待できないでしょう。

スクワランは肌に残って軽い保湿作用をしますが、驚くほどのものではありません。
トレハロースはやはり肌の上で吸湿作用を示す程度の役割ですから、
圧倒的な洗浄力の前にこれらの保湿成分はあまり意味を残す事ができないでしょう。
驚くのは、この内容で「毛先までまとまる輝く髪に導くシャンプー」と宣伝していること。
TEA単体配合も日本では稀な手法で、発がん性を疑われてからほとんど見かけないトリエタノールアミンです。
もし髪や頭皮をいたわりたいのであれば、選択肢から外す必要があるシャンプーといっていいでしょう。
安いからといって安易に使いたくない一品です。


[PR]

ラックス ビューティリファイン シャンプー の全成分:

水、ラウレス硫酸Na、ジステアリン酸グリコール、コカミドプロピルベタイン、ジメチコノール、アルギニン、コラーゲン、ユビキノン、スクワラン、トレハロース、グルコノラクトン、クエン酸、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、カルボマー、PPG-7、ドデシルベンゼンスルホン酸TEA、ラウレス-23、TEA、炭酸アンモニウム、塩化Na、水酸化Na、硝酸Mg、安息香酸Na、EDTA-2Na、メチルイソチアゾリノン、メチルクロロイソチアゾリノン、香料、カラメル

主な成分の解説をみるラウレス硫酸Naは安価なシャンプーに高確率で採用される、高脱脂、高洗浄力、泡立ちの強い洗浄剤。ラウリル硫酸Naに酸化エチレンを付加し、浸透性を減らしたことで皮膚刺激を緩和している。
ジステアリン酸グリコールはシャンプー用パール化剤。真珠に似た結晶を形成し、パール調光沢を与える。
コカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)が刺激緩和、粘度調整。
ジメチコノールは親和性が向上し、しっとりした感触を与えます。
アルギニンは保湿、アルカリ剤として使われるアルカリ性のアミノ酸です。
ユビキノンはご存知コエンザイムQ10。抗酸化作用を付与します。
スクワランは人の皮脂にも3-4%含まれる保湿成分で、刺激なく油分と水分を乳化させ保湿作用を示し、不足すると肌の乾燥、代謝の低下をまねきます。
トレハロースは2分子のグルコースが結合した非還元性の二糖。角質層の水分保持能を高める効果。
グルコノラクトンはグルコン酸のことで、豆腐の凝固剤にも使われる成分。酸性度を高めるpH調整剤です。
グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリドはマメ科グアから採れる多糖類にカチオンをもたせたコンディショニング成分。
カルボマーはアクリル酸を主体とする水溶性高分子で、アルカリと中和するとゲル化、増粘します。微生物に強いことも特徴。
酢酸トコフェロールはα-トコフェロールを酢酸エステル化して得た合成ビタミンE。血流促進効果、抗酸化作用によるシミ、そばかす、肌の老化防止を防ぐ効果。
ドデシルベンゼンスルホン酸TEAは強力な浸透性、脱脂力を持つアニオン界面活性剤であり、配合が望ましくない成分の1つといえるでしょう。

    ラックス ビューティリファイン シャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:1.5

  • 素材の品質:1.5
  • 安全性:1.5
  • 髪質改善効果:1.5
  • 頭皮環境改善 1.5
  • 費用対効果:1.5

  • 容量/280ml
  • 価格/590円
  • 1mlあたり/2.11円

ラックス ビューティリファイン シャンプー の宣伝文,商品説明:

根元からひときわふんわり、毛先までまとまる輝く髪に導くシャンプーです。
スキンケアに使われる成分、コエンザイムQ10(保湿成分)、コラーゲン(保湿成分)、スクワラン(毛髪保護成分)を贅沢に配合。
豊かな泡立ちで髪と地肌をしっかり洗浄し、根元に自然なふんわり感を与えます。
髪の芯までうるおいとしなやかさを与えます。
上品な中に強さを秘めた、優しいフローラルフルーティの香り。
根元にハリがない髪、パサつきやすく、うねりが気になる髪に。

[PR]
ラックス ビューティリファイン シャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム