シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ラックス スーパーダメージリペア シャンプー 
(ユニリーバ
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

ラックス スーパーダメージリペア シャンプー

ユニリーバ


ラックス スーパーダメージリペア シャンプー のオススメレベル

ラックス スーパーダメージリペア シャンプー の解析結果

安っぽく、古臭く、低品質なシャンプーの典型。

これではだめ。
肌にも髪にも脱脂力過剰、バリア成分は一掃されてしまい、使って良いことがないタイプの駄作です。

[PR]

ラックス スーパーダメージリペア シャンプー の全成分:

水、ラウレス硫酸Na、ジステアリン酸グリコール、コカミドプロピルベタイン、ジメチコノール、セリン、塩化Na、リシンHCl、アルギニン、トレハロース、グルコノラクトン、炭酸アンモニウム、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、 PPG-7、クエン酸、ドデシルベンゼンスルホン酸TEA、カルボマー、ラウレス-23、EDTA-2Na、TEA、安息香酸Na、水酸化Na、硝酸Mg、メチルイソチアゾリノン、メチルクロロイソチアゾリノン、香料、カラメル

主な成分の解説をみるラウレス硫酸Naは安価なシャンプーに高確率で採用される、高脱脂、高洗浄力、泡立ちの強い洗浄剤。ラウリル硫酸Naに酸化エチレンを付加し、浸透性を減らしたことで皮膚刺激を緩和している。
ジステアリン酸グリコールはシャンプー用パール化剤。真珠に似た結晶を形成し、パール調光沢を与える。
コカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)が刺激緩和、粘度調整。
ジメチコノールは親和性が向上し、しっとりした感触を与えます。
セリンはたんぱく質を構成するアミノ酸の一種で、肌本来の保湿成分の1つ。絹のたんぱく質であるセリシンに多く含まれる保湿・保水・弾力性、柔軟性を与える効果。
塩化Naはアニオン界面活性剤の増粘剤として添加されます。
リシンHClはほとんどのたんぱく質の構成アミノ酸の1つとして存在。保湿効果。
アルギニンは保湿、アルカリ剤として使われるアルカリ性のアミノ酸です。
トレハロースは2分子のグルコースが結合した非還元性の二糖。角質層の水分保持能を高める効果。
グルコノラクトンはグルコン酸のことで、豆腐の凝固剤にも使われる成分。酸性度を高めるpH調整剤です。
グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリドはマメ科グアから採れる多糖類にカチオンをもたせたコンディショニング成分。
ドデシルベンゼンスルホン酸TEAは強力な浸透性、脱脂力を持つアニオン界面活性剤であり、配合が望ましくない成分の1つといえるでしょう。
カルボマーはアクリル酸を主体とする水溶性高分子で、アルカリと中和するとゲル化、増粘します。微生物に強いことも特徴。

    ラックス スーパーダメージリペア シャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:1.5

  • 素材の品質:1.5
  • 安全性:1.5
  • 髪質改善効果:1.5
  • 頭皮環境改善 1.5
  • 費用対効果:1.5

  • 容量/260ml
  • 価格/461円
  • 1mlあたり/1.77円

ラックス スーパーダメージリペア シャンプー の宣伝文,商品説明:

ダメージを集中補修し、毛先まで美しい輝きあふれる髪へと導くシャンプーです。ピコ・アミノ酸、狭浸アミノ酸配合。3層から構成される髪の芯にまで浸透し、補修・保湿します。上品さの中に秘めた強さが漂う、シルキーフローラルな香り。

[PR]
ラックス スーパーダメージリペア シャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム