シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
海美物語(マリンエッセンス) シャンプー シャンプー解析ドットコム
[スポンサーリンク]

海美物語(マリンエッセンス) シャンプー

PC(ピーシー)

海美物語(マリンエッセンス) シャンプーの格付け

☆☆☆☆☆

皮膚刺激レベル
★★★★★
洗浄力:◎
安全性:x 
補修力:x
潤滑性:x
うるおい:x
1mlあたり1.5円
1000ml/1500円
400ml/650円

海美物語(マリンエッセンス) シャンプーの解析結果

最強クラスの脱脂力

危険領域といえるパワーを持つ脱脂大好きシャンプーの1つです。
感触を誤魔化しているのですぐには気づかないかもしれませんが、肌にも髪にも悪影響必至の一品。



一度たりとも使うべきではない

オススメしない理由は浸透力。脱脂力が強いだけでなく、肌に浸透してしまうような分子量の小ささがよくありません。
肌荒れ、乾燥・ダメージを招きたくない方は絶対に使わないことをオススメします。





主な成分の解説

PEG-3ヤシ脂肪酸アミドMEA硫酸Naは非常に高い脱脂力を持ちながら、比較的マイルドに調整された洗浄剤。ラウリル硫酸Naよりはずっと刺激性が抑えられていますが、脱脂力は高いものです。
ラウリル硫酸TEAは皮膚や髪への浸透性が高い強脱脂、強洗浄性の、かつ肌荒れ率の高い洗浄剤。少しでも肌への悪影響を考えるなら配合されないはずの成分です。
スルホコハク酸(C12-14)ラウレス2Naは高い洗浄力と泡立ち力で、生分解性が良い点が特徴のやや低刺激洗浄剤。
コメ胚芽油はγ-オリザノールの美白作用、ビタミンEの40-60倍もの抗酸化作用、フェルラ酸の紫外線吸収効果、抗菌作用、リノール酸、オレイン酸のエモリエント作用を付与します。
褐藻エキスは大西洋、中南米海域に産生する褐藻類で、ビタミンA,Dの高レベルでの含有、アミノ酸、ミネラル類の含有により、整肌作用、増粘、感触改良、保湿、生理活性促進効果を付与。
スクワランは人の皮脂にも3-4%含まれる保湿成分で、刺激なく油分と水分を乳化させ保湿作用を示し、不足すると肌の乾燥、代謝の低下をまねきます。
加水分解コンキオリンは真珠由来のタンパク質で、うるおい、ツヤ、細胞活性化作用を付与します。
PEG-15ココポリアミンは擬似カチオン界面活性剤として働き、毛髪のケラチンに作用し柔軟性を与える。
ココイルグルタミン酸TEA皮膚、粘膜刺激が低く、コンディショニング効果を持ち、しっとりと上品な感触が特徴のマイルド洗浄剤。泡立ちが弱い。

海美物語(マリンエッセンス) シャンプー宣伝文,商品説明:

生命の源「海」からの恵み成分、海藻エキスやコンドロイチンなどをたっぷりバランス良く配合した、髪と地肌にやさしいダメージヘア用のシャンプーです。
髪にうるおいを与え、なめらかな感触でしなやかに洗い上げます。
さらに、キチン・キトサン、スクワラン、パールエキス配合で、髪と地肌を保護しながら、髪にツヤとハリを与えます。

全成分:

水、PEG-3ヤシ脂肪酸アミドMEA硫酸Na、コカミドDEA、ラウリル硫酸TEA、スルホコハク酸ラウレス2Na、ラウレス-2、コメ胚芽油、褐藻エキス、スクワラン、コンドロイチン硫酸Na、加水分解コンキオリン、銅クロロフィリンNa、ポリクオタニウム-10、PEG-15ココポリアミン、ベタイン、ココイルグルタミン酸TEA、PG、PCAオレイン酸グリセリル、クエン酸、BG、EDTA-2Na、メチルパラベン、エチルパラベン、プロピルパラベン、ブチルパラベン、フェノキシエタノール、エトキシジグリコール、ヒドロキシプロピルキトサン、トコフェロール、エタノール、香料