ジョバンニ ウェルネス シャンプー の解析結果

ランク:722位 ポイント:2.65 1mlあたり:9.5円
  • ジョバンニ ウェルネス シャンプー の詳細情報
  • ジョヴァンニの関連商品はこちら
  • [JANコード]
  • [ランキング] 722位
  • [ポイント(5点中)] 2.65点
  • [ジャンル] S
  • [容量] 250ml
  • [参考価格] 2376円
  • [1mlあたり] 約 9.5円
  • [商品ID] 2584
  • [成分数]29
  • [洗浄剤数]5
  • [エキス類]12
  • [特に優れた成分]0
  • [要注意成分]0
ジョバンニ ウェルネス シャンプー 解析チャート

ジョバンニ ウェルネス シャンプー の解説

低刺激清涼シャンプー

低刺激寄りのやや甘口なシャンプー。非常にマイルドな洗浄剤ベースと、質の良いエキスで構成されたオーガニック系シャンプー。 質の良い洗浄剤と、こだわりを感じるエキスの選定に好感度大の内容です。アーユルヴェーダ系シャンプーの中ではまずまずレベルの高い部類の一品と見ていいでしょう。

頭皮の老化を予防する能力を持つマイルド系シャンプーとして、使えるレベルに達していると言えます。 頭皮に問題を抱えている方の治療のお供にも適している低刺激処方。 コスト、内容のバランスも悪くありません。 全体に穏やかにまとまっていて気持ち良い使用感の一品。まずまず良いです。

清涼感たっぷりのさっぱり洗浄系



低刺激

アルコールの一種で、 2-イソプロピル-5-メチルシクロヘキサノール とも呼ばれる。ハッカに含まれ、清涼感、血行促進作用を付与します。
メントール
防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。
フェノキシエタノール
アピゲニン含有、ヒスタミンの遊離抑制により抗炎症作用を示す。
カミツレ花エキス
肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。
グリセリン
活性成分ジンセノサイドを含有するオタネニンジンの根から採れたエキス。代謝・血行促進作用を有する。
オタネニンジン根エキス
リノール酸が7割ほどを占めるオイルで、保湿性と抗酸化作用を持つ若返りのオイルともいわれている成分です。
ヒマワリ種子油
両性界面活性剤。洗浄剤としての陰イオン界面活性剤な部分と、コンディショナーとしての陽イオン界面活性剤の部分を併せ持つ界面活性剤。主には主洗浄剤の粘度調整や洗浄力の緩和、コンディショニング作用の付与を目的に使われる。両性界面活性剤単体で使うと皮膚に刺激性があるため、メインでは用いられることは少ない。組成名ヤシ油脂肪酸アミドプロピルジメチルアミノ酢酸ベタイン水溶液という。
コカミドプロピルベタイン
チャ葉から抽出したエキスです。抗菌作用が優れ、タンニンの収れん作用、ビタミン類の抗酸化作用、アミノ酸の保湿作用など付与します。
チャ葉エキス
ユリ科アロエベラの葉エキスです。創傷治癒、美白、抗炎症作用などを付与。
アロエベラ液汁
セイヨウハッカ油
アミノ酸系洗浄剤の一種ですが、歯磨き粉に殺菌成分として配合されることが多い成分でもあります。つまり、アミノ酸系といいながら性格的にはきつめであり、脱脂力と殺菌性で通常の頭髪には必ずしも喜ばしい洗浄剤とはいえません。
ラウロイルサルコシンNa
ヒドロキシプロピルグアーガム
糖系の非イオン界面活性剤で、洗浄性と泡立ちが優れます。他の洗浄剤と組み合わせて刺激性を抑制したり、使用感を改善する目的で使われます。
デシルグルコシド

販売元による宣伝文

東洋のハーブを組み合わせ、アンマロク果実、オタネニンジン、マグワ果実などの植物保湿成分を配合。天然のペパーミント精油入りで心地良い爽快感を残しながら、頭皮ストレスを優しくケア。