ラクレアプルミエ トリートメントSVの解析結果

総合順位

407

総合得点 5点満点

2.46
成分数エキス系特効ダメ
14010
  • ラクレアプルミエ トリートメントSVの詳細情報
  • タマリスの関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 1290
  • [容量] 230ml
  • [参考価格] 3150円
  • [1mlあたり] 約 13.7円

ラクレアプルミエ トリートメントSV解析チャート

ラクレアプルミエ トリートメントSVの解説

質素な全成分、ただし、キトサンがある。

シンプルなリンスのように、軽く被膜するだけという作品。

ただ、キトサンがベースに加わることでカチオン性、抗菌性、しなやかさ、保湿性などを獲得。

案外、仕上げに使う分には上品で悪くない。

値段がやや割高だが、場面によってはアリといえる。

ラクレアプルミエ トリートメントSVの全成分

1

2セタノール

コンディショナーなどのベース油剤として頻出。セチルアルコール、パルミチルアルコール とも呼ばれる。飽和脂肪酸なので酸化しづらく、安定性の高い油分ベースを構築可能。

3ジメチコン

ジメチルポリシロキサンの末端をトリメチルシロキシ基で封鎖した重合体。シリコンといえば、ジメチコンが代表的な成分です。皮膚保護・コーティング剤、消泡剤として使われますが、網目状のコーティングのため水分透過性や通気性は有する。

4ベヘントリモニウムクロリド

ベヘントリモニウムクロリドはしっとりタイプの4級カチオン(陽イオン)界面活性剤です。ダメージ部に吸着し、疎水性を復活させて物理的ダメージから髪を守ります。

5ヒドロキシプロピルキトサン

・人工皮膚にも使われるキトサンを配合。強靭で柔軟性のある皮膜を形成し、抗菌作用も期待できる質の高い素材です。

6加水分解シルク

7ポリステアリン酸スクロース

8ヒアルロン酸Na

ヒアルロン酸は肌の潤いを保つために真皮層に存在する物質ですが、化粧品として使うと肌表面で水分が蒸発するのを防ぐような働きを期待されます。肌には分子量が大きすぎるため浸透しません。

9エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

10イソプロパノール

エタノール同様アルコールの一種ですが、エタノールの2倍ほどヒト毒性が高い素材です。

11クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

12メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

13プロピルパラベン

14香料

香りづけ。

販売元による宣伝文

≪軟らかい髪用 ふわふわタイプ≫軟らかくコシのない髪にふんわり感を与え、ハリ・コシのある髪に仕上げます。

ラクレアプルミエ トリートメントSVを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。