コタ アイケア シャンプー5 の解析結果

コタ アイケア シャンプー5  コタ	3つの洗浄成分で、補修しながら洗います。						髪を補修して洗う洗浄成分:アミノ酸系洗浄成分、PPT系洗浄成分(髪と同等の洗浄成分)	頭皮を補修して洗う洗浄成分:天然植物性オリーブ系洗浄成分(頭皮のバリア層に近い洗浄成分)【ジャスミンブーケの香り】								パサつきやすい髪を、みずみずしくなめらかな質感に仕上げます。

総合順位

413

総合得点 5点満点

2.85
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
376210
  • コタ アイケア シャンプー5 の詳細情報
  • コタの関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 2089
  • [容量] 300ml
  • [参考価格] 2700円
  • [1mlあたり] 約 9円
洗浄力
2.7
素材 
2.3
安全性
5.5
コスパ 
3.1
環境 
3.6
補修力
1.7
潤滑性
2.5
頭皮改善 
2.1
ツヤ 
1.6
持続性
2.7
感触 
2.4
育毛
1.3
洗浄剤
3.8

コタ アイケア シャンプー5 の解説

非常にマイルドで、適度な洗浄力が理想的なシャンプーです。

洗浄剤の設計に関しては極めて上品で、決して物足りないことはない洗浄力を維持し、髪も頭皮も喜ぶに違いない内容といえます。

ほとんど、洗浄剤以外に要素がない製品なのですが、洗浄剤こそが見どころである!という凛とした一品です。



洗浄剤のクオリティだけで価値を表現できる自信溢れる内容です。

カラー毛・ダメージ毛・頭皮が弱い方、最低限サッパリ洗いたい方など、守備範囲が広く幅広い方々に満足いただけるクオリティです。

逆に、ちょっと向いてないかな?というケースはもっとさっぱり洗いあげたい方、かなり髪のダメージがひどい方、頭皮環境を積極的に改善したい場合など

単にマイルドなだけでは物足りない方は違う選択肢をオススメ。

適度な、ちょうどいい洗浄力とはこういうものか!というのを体験したい方にはうってつけの一品。

コタ アイケア シャンプー5 の全成分

1

2ラウロイルメチルアラニンTEA

アミノ酸型洗浄剤の中で中性タイプといえる素材。洗浄力とコンディショニング効果のバランスが良く、比較的さっぱり系の洗い心地と指通りを得ることもできるでしょう。アミノ酸系シャンプーを欲しいがあまりしっとりさせたくない時に適する。

3コカミドプロピルベタイン

両性界面活性剤。洗浄剤としての陰イオン界面活性剤な部分と、コンディショナーとしての陽イオン界面活性剤の部分を併せ持つ界面活性剤。主には主洗浄剤の粘度調整や洗浄力の緩和、コンディショニング作用の付与を目的に使われる。両性界面活性剤単体で使うと皮膚に刺激性があるため、メインでは用いられることは少ない。組成名ヤシ油脂肪酸アミドプロピルジメチルアミノ酢酸ベタイン水溶液という。

4ココイルメチルタウリンNa

アミノ酸型洗浄剤の中でもバランスの良さはトップクラス。適度な洗浄性、泡立ちの安定性、低刺激、コンディショニング効果や、ベタつきの少なさなど、シャンプーとして使われる場面では優秀な使用感を提供する。

5ココイルグルタミン酸2Na

アミノ酸型の洗浄剤の中でもとりわけエモリエントで、単体では泡立ちが非常に少ない。肌に非常にソフトで、高いコンディショニング作用があります。ベビーシャンプーやダメージヘア用シャンプーで頻出します。他の泡立ちを補助する界面活性剤との併用が必須。

6コカミドメチルMEA

・コカミドメチルMEAは、一般的なコカミドDEAより起泡性や持続性・泡量が優れる。

7クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

8オリーブアンホ酢酸Na

9ココイルグルタミン酸Na

アミノ酸型の洗浄剤の中でもとりわけエモリエントで、単体では泡立ちが非常に少ない。肌に非常にソフトで、高いコンディショニング作用があります。ベビーシャンプーやダメージヘア用シャンプーで頻出します。他の泡立ちを補助する界面活性剤との併用が必須。

10ラウロイル加水分解シルクNa

シルクに含まれるタンパク質フィブロインとヤシ油由来の洗浄剤です。非常に肌にマイルドであり、かつ泡立ちがしっかりしている他、シルクならではの非常に優れたコンディショニング効果が特徴のアニオン界面活性剤。とても高額な素材であるという特徴も。

11アルギニン

12グルタミン酸

13グリチルリチン酸2K

細胞レベルで抗炎症作用を示す甘草由来の抗炎症成分。

14チャエキス

カテキンを含有する緑茶由来のエキスで、抗菌作用や抗酸化作用、収斂、消臭作用などを付与。

15ソケイ花エキス

ジャスミンの花エキスです。星型の形の花でリナロール、ベンジルアルコールなどを含み、主に香料として豊かな芳香をつけるのに用いられる。

16サフラワー油

17オクチルドデカノール

植物由来の分枝鎖飽和アルコールで、水添ポリイソブテンの感触改良作用がある。薄い皮膜を形成し、ベタつきのないさらっとした感触を与える。

18(PEG-8/SMDI)コポリマー

皮膚に皮膜を形成し、有効成分の吸収性を向上させる効果。

19グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド

カチオン性の毛髪保護剤ですが、あまり効果が高くありません。

20ポリクオタニウム-10

塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロースと呼ばれる素材。植物セルロース由来の成分で、カチオン性でありダメージの保護、コーティング効果、保湿性を付与します。

21PEG-60水添ヒマシ油

可溶化を目的に配合。低刺激。水系での透明処方に適す。

22セテアレス-60ミリスチルグリコール

別名ポリオキシエチレンセトステアリルヒドロキシミリスチレンエーテル。ゲル化・増粘作用を製品に与え、泡立ちを増したり、粘度を高めたりする素材です。

23セテス-20

24テトラステアリン酸PEG-150ペンタエリスリチル

25トリイソステアリン酸PEG-50水添ヒマシ油

26ヤシ油アルキルグルコシドヒドロキシプロピルリン酸

27ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル

お化粧のクレンジング剤として頻出。W洗顔不要タイプの製品に使われるように、水がある環境でもクレンジング効果を発揮し、高い洗浄力を与えます。脱脂するので、肌のアフターケアが必要となります。シャンプーに少量含まれる場合は加脂剤、つまりコンディショニング効果を目的として配合されたりします。

28(ラウリル/ミリスチル)グリコールヒドロキシプロピルメチルエーテル

29塩化Na

30トコフェロール

ビタミンEのこと。脂溶性ビタミンで、植物の光合成により生成される。過酸化脂質の生成を防ぐ抗酸化作用の他、皮膚の角化を促進する働きも。

31BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

32DPG

ジプロピレングリコールです。PGよりも毒性が低く、肌浸透性という点でも低めな素材で、製品の安定性を高める目的や、保湿、抗菌剤として使われます。

33エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

34グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

35フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

36メチルイソチアゾリノン

パラベンよりもソフトと言われる防腐剤。ただ、パラベンよりも配合量を大幅に増やさないと効果が出ないため、それほどソフトとも言いきれない。

37香料

香りづけ。

販売元による宣伝文

3つの洗浄成分で、補修しながら洗います。 髪を補修して洗う洗浄成分:アミノ酸系洗浄成分、PPT系洗浄成分(髪と同等の洗浄成分) 頭皮を補修して洗う洗浄成分:天然植物性オリーブ系洗浄成分(頭皮のバリア層に近い洗浄成分)【ジャスミンブーケの香り】  パサつきやすい髪を、みずみずしくなめらかな質感に仕上げます。

コタ アイケア シャンプー5 の関連商品

コタ アイケア シャンプー5 を実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。