シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
アブリーゼ ナチュラルオーガニック シャンプー AC
(パシフィックプロダクツ
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

アブリーゼ ナチュラルオーガニック シャンプー AC

パシフィックプロダクツ


アブリーゼ ナチュラルオーガニック シャンプー AC のオススメレベル

アブリーゼ ナチュラルオーガニック シャンプー AC の解析結果

粗っぽく、刺激性も懸念


値段を上げないために品質も落としたと思われる凡庸で魅力に欠ける内容。
オーガニックという名称に似つかわしくないギスギスした使用感が残念です。
極めて脱脂力が強く、かつ石鹸系成分も混在していることから、仕上がりの悪さは容易に予想できます。


エキス類の質は良いのですが、全体としてはやはり平凡で価値を見出すことが難しいと思わせる内容。

肌のためを思えば使わないほうが得策です。
もっと刺激が低く洗浄性も上品なものが同価格帯でもたくさんあるので、あえて選ぶ必要はないと見ます。


[PR]

アブリーゼ ナチュラルオーガニック シャンプー AC の全成分:

、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、コカミドDEA、ココイルアラニンTEA、ココベタイン、ココイルサルコシンTEA、ローズマリー葉エキス、トウキンセンカ花エキス、アルテア根エキス、カニナバラ果実エキス、ゴボウ根エキス、ビルベリー葉エキス、アルガニアスピノサ核油、ガリカバラ花エキス、ムラサキバレンギクエキス、BG、グリセリン、ポリクオタニウム-10、ココアンホ酢酸Na、ココイルグルタミン酸TEA、ヤシ脂肪酸TEA、PEG-20ソルビタンココエート、オレス-10リン酸、塩化Na、クエン酸、エタノール、カラメル、クチナシ青、トコフェロール、安息香酸Na、フェノキシエタノール、香料

主な成分の解説をみるオレフィン(C14-16)スルホン酸Naラウレス硫酸Na同様の強い脱脂力を持つ洗浄剤。浸透性は少なく皮膚刺激性は高くなく、起泡性が非常に高い特徴。脱脂しすぎに繋がる懸念も。
ココイルアラニンNaは、アミノ酸系洗浄剤の中でも特にマイルドな洗浄剤で、頭皮に刺激を全く与えることなく泡立ち、洗える成分。コンディショニング効果もあり、適度に洗浄力を持つタイプ。
ココイルサルコシンTEAはアミノ酸系の中でトップクラスの刺激性と強洗浄力。
アルテアエキスは保湿性が非常に高い成分で、別名ウスベニタチアオイ、ビロウドアオイとも呼ばれます。
トウキンセンカ花エキスは金盞花というオレンジ色の花のエキスで、抗菌、整肌、抗炎症、清浄作用を与えるカロチノイド,サポニン,フラボノイドを含有します。
ローズマリー葉エキスは抗酸化作用、皮脂の抑制作用、メラニン生成を抑制、収斂、血行促進作用。
ムラサキバレンギクエキスは免疫増強作用。
ココアンホ酢酸Naは2-アルキル-N-カルボキシメチル-N-ヒドロキシエチルイミダゾリニウムベタインという両性界面活性剤。
肌や髪に対して刺激や溶解性が少なく、ツヤ、柔軟性を与える。
アルガニアスピノサ核油は、モロッコ南西部に自生する広葉常緑樹アルガンの種子から採れるオイルで、ビタミンEの含有量が多く抗酸化作用があり、エモリエント作用も期待されるオイルです。
PEG-20ソルビタンココエートは乳化剤ですが、若干皮脂バリヤを取っていくような乳化作用も持つため、完全に肌に良いという処方ではありません。

    アブリーゼ ナチュラルオーガニック シャンプー AC の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.3

  • 素材の品質:3
  • 安全性:3
  • 髪質改善効果:1.5
  • 頭皮環境改善 2
  • 費用対効果:2

  • 容量/260ml
  • 価格/1890円
  • 1mlあたり/7.27円

アブリーゼ ナチュラルオーガニック シャンプー AC の宣伝文,商品説明:

複合アミノ酸系・弱酸性シャンプー〉 -ノンシリコンタイプ-

●毛髪地肌保護成分として、オーガニック植物成分と自社農園で栽培したエキナセアエキス(ムラサキバレンギクエキス)をバランスよく配合した、オーガニックシャンプーです。
●クリーミィで豊かな泡立ちで、髪年齢の気になる髪と地肌をいたわりながら洗い上げ、美しいツヤとハリのあるエレガントな髪とすこやかな地肌に仕上げます。
●天然エッセンシャルオイルのナチュラルな香りが、心地よい安らぎをお届けします。

[PR]
アブリーゼ ナチュラルオーガニック シャンプー AC 2017 (c)シャンプー解析ドットコム