シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
アブリーゼ ナチュラルオーガ シャンプーAG 
(アプリーゼ
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

アブリーゼ ナチュラルオーガ シャンプーAG 

アプリーゼ


アブリーゼ ナチュラルオーガ シャンプーAG  のオススメレベル

アブリーゼ ナチュラルオーガ シャンプーAG  の解析結果

安い作りの凡庸なシャンプー。

安物という一言で済ませられそうな内容で、いくつかの油分が多少後味をマシにしているものの、質の低いシャンプー剤であることに間違いはありません。
値付けに見合った製品ではないと言えます。

脱脂力が強く、石鹸成分の添加もあって仕上がりの悪さも際立つ駄作。
オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、ココイルサルコシンTEAの刺激&脱脂コンビに、石鹸まで加わった肌負担大の一品です。


[PR]

アブリーゼ ナチュラルオーガ シャンプーAG  の全成分:

水、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、コカミドDEA、ココイルアラニンTEA、ココベタイン、ココイルサルコシンTEA、ハイブリッドサフラワー油、マカデミアナッツ油、ムラサキバレンギクエキス、ゴボウ根エキス、トウキンセンカ花エキス、アルテア根エキス、ローズマリーエキス、ポリクオタニウム-10、オレス-10リン酸、ココアンホ酢酸Na、ココイルグルタミン酸TEA、PEg-20ソルビタンココエート、クエン酸、塩化Na、ヤシ脂肪酸TEA、カラメル、クチナシ青、Bg、エタノール、トコフェロール、フェノキシエタノール、香料

主な成分の解説をみるオレフィン(C14-16)スルホン酸Naラウレス硫酸Na同様の強い脱脂力を持つ洗浄剤。浸透性は少なく皮膚刺激性は高くなく、起泡性が非常に高い特徴。脱脂しすぎに繋がる懸念も。
ココイルサルコシンはアミノ酸系の中でトップクラスの刺激性と強洗浄力。
添加成分は、マカデミアナッツ油はパルミトレイン酸を多く含み、人の皮脂に類似したエステル。肌なじみが非常によく、保湿効果も高い。
ムラサキバレンギクエキスは免疫増強作用。
ゴボウ根エキスはコラーゲン産生促進、抗炎症作用、収れん作用、発汗作用、脱毛防止、抗菌作用。
トウキンセンカ花エキスはヒアルロン酸産生促進作用、線維芽細胞増殖促進作用、抗炎症作用を付与。
アルテアエキスは保湿性が非常に高い成分で、別名ウスベニタチアオイ、ビロウドアオイとも呼ばれます。
ローズマリーエキスはシソ科のエキスで消臭・静菌・抗酸化作用を持ち、ヨーロッパでは肉の鮮度向上のために料理に使われる。
微量の洗浄補助剤として、
ココアンホ酢酸Naは2-アルキル-N-カルボキシメチル-N-ヒドロキシエチルイミダゾリニウムベタインという両性界面活性剤。
肌や髪に対して刺激や溶解性が少なく、ツヤ、柔軟性を与える。
ココイルグルタミン酸TEAが泡質改良など。
ヤシ脂肪酸TEAといった石けん成分がさっぱり感を増幅させます。

    アブリーゼ ナチュラルオーガ シャンプーAG  の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.6

  • 素材の品質:2.5
  • 安全性:3
  • 髪質改善効果:2
  • 頭皮環境改善 2.5
  • 費用対効果:3

  • 容量/260ml
  • 価格/1890円
  • 1mlあたり/7.27円

アブリーゼ ナチュラルオーガ シャンプーAG  の宣伝文,商品説明:

クリーミィーな泡立ちで髪をやさしく守りながら、美しいハリとツヤのある
、いきいきとした髪と地肌に仕上げます。

[PR]
アブリーゼ ナチュラルオーガ シャンプーAG  2017 (c)シャンプー解析ドットコム