シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
アブリーゼ ナチュラルオーガ シャンプーFS 
(アプリーゼ
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

アブリーゼ ナチュラルオーガ シャンプーFS 

アプリーゼ


アブリーゼ ナチュラルオーガ シャンプーFS  のオススメレベル

アブリーゼ ナチュラルオーガ シャンプーFS  の解析結果

実は安っぽい作りの、さほどこだわりを感じない一品。


あまり思い入れを感じないタイプの作りですね。

あれこれ工夫しているようで、特に注目点もない脱脂力シャンプー。
値付けに見合ったような質とはいえず、使用感を優先して実際の効能としては何も印象を残さないタイプの一品です。
刺激性や、過度な脱脂力が負担となるオススメ度の低い一品。


[PR]

アブリーゼ ナチュラルオーガ シャンプーFS  の全成分:

水、コカミドDEA、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、ココイルアラニンTEA、ココベタイン・ココイルサルコシンTEA、ココイルグルタミン酸TEA、ココアンホ酢酸Na、オリーブ油、ムラサキバレンギクエキス、ラベンダーエキス、カミツレエキス、ローズマリーエキス、ヤシ脂肪酸TEA、塩化Na、ポリクオタニウム-10、クエン酸、オレス-10リン酸、PEg-20ソルビタンココエート、Bg、カラメル、トコフェロール、フェノキシエタノール、香料

主な成分の解説をみるオレフィン(C14-16)スルホン酸Naラウレス硫酸Na同様の強い脱脂力を持つ洗浄剤。浸透性は少なく皮膚刺激性は高くなく、起泡性が非常に高い特徴。脱脂しすぎに繋がる懸念も。
ココイルサルコシンはアミノ酸系の中でトップクラスの刺激性と強洗浄力。
ココイルアラニンTEAは、アミノ酸系洗浄剤の中でも特にマイルドな洗浄剤で、頭皮に刺激を全く与えることなく泡立ち、洗える成分。コンディショニング効果もあり、適度に洗浄力を持つタイプ。
以下は低配合ですが、 ココイルグルタミン酸TEAはグルタミン酸とヤシ油脂肪酸による洗浄剤。皮膚、粘膜刺激が低く、コンディショニング効果を持ち、しっとりと上品な感触が特徴のマイルド洗浄剤。
ココアンホ酢酸Naは2-アルキル-N-カルボキシメチル-N-ヒドロキシエチルイミダゾリニウムベタインという両性界面活性剤。
肌や髪に対して刺激や溶解性が少なく、ツヤ、柔軟性を与える。
添加剤としては、 オリーブ油は”水油”と呼ばれるように、液体の油で肌や髪に少し浸透してエモリエント感を持続させます。
ムラサキバレンギクエキスは免疫増強作用。
ラベンダーエキスはシソ科のハーブで鎮痛・精神安定・殺菌効果を持つ。
カミツレ花エキスは抗酸化作用、コラーゲン産生促進作用、女性ホルモン様作用、抗炎症、血行促進、発汗作用を付与。
ローズマリーエキスはシソ科のエキスで消臭・静菌・抗酸化作用を持ち、ヨーロッパでは肉の鮮度向上のために料理に使われる。
ヤシ脂肪酸TEAは石けん成分。こざっぱりとした後味的要素でしょう。

アブリーゼ ナチュラルオーガ シャンプーFS  の宣伝文,商品説明:

クリーミィーな泡立ちで髪をやさしく守りながら、さらさらでなめらかに洗い上げ、
つややかな美しい髪と健やかな地肌に仕上げます。