ビューナ セリペアエッセンスの解析結果

総合順位

24

総合得点 5点満点

3.01
成分数エキス系特効ダメ
16020
  • ビューナ セリペアエッセンスの詳細情報
  • コモライフの関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 6044
  • [容量] 30ml
  • [参考価格] 3218円
  • [1mlあたり] 約 107.27円
素材 
3.4
安全性
5.5
コスパ 
4.2
環境 
3
潤滑性
2.7
頭皮改善 
3.8
ツヤ 
2.8
持続性
2.3
感触 
3.3
アンチエイジング
3.7
美白
3

ビューナ セリペアエッセンスの解説

フィブロイン(シルクの中心成分)による美容液は注目!

問答無用のシルク美容液。

医療でも注目されている素材によるエッセンスを、これだけ格安で使えるのは嬉しい限り。



肌の弱い方から本格的に美容に取り組む方まで、深く満足させる逸品です。



肌に安全でありながらpHや分解酵素などにも安定で、強力な保護膜として働くほか、肌の再生も促進するという嬉しい効果の連続が特徴のフィブロインです。





そして、ビタミンA、ビタミンC誘導体による抗酸化作用や皮膚代謝調整効果、エラスチンのハリなどもついてくる本格派美容液



このフィブロインをメインに据えた期待値の高い美容液が、ビューナというブランドがなせる業ですがとても格安な値段設定であることも注目してください。





他と見比べるまでもなく、コストパフォーマンスは突出しているといえるでしょう。





シルクのようなお肌を目指すなら、迷わずこれ。

ビューナ セリペアエッセンスの全成分

1

2BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

3フィブロイン

フィブロインは繊維状のタンパク質の一種、昆虫とクモ類の繭糸を構成し、その70%を占める。 カイコの絹糸の主要成分。水・希酸・希アルカリに溶けない。グリシン,アラニン,セリン,チロシンを多く含み,この4つで全アミノ酸の90%近くを占め、一本の繭糸の中に二本入っています。シルク本来の光沢やつやを与え、肌に全く刺激を与えず、静菌作用があり、多孔質により高い保湿性があり、皮膚再生を促す作用があるといわれる医療でも注目されている素材です。

4ヒアルロン酸Na

・ヒアルロン酸ミックスを配合。しっとりとしたタッチを演出しています。

5水溶性コラーゲン

コラーゲンの形をそのままに水に溶解させたのがこの水溶性コラーゲンです。魚の骨や皮、うろこを原料として、匂いが少なく吸収性が高いのが特徴です。

6パルミチン酸レチノール

・パルミチン酸レチノールはビタミンA誘導体で、抗シワ、抗老化、たるみ、シミ、乾燥を防ぐ効果を付与。ただし、摂り過ぎは副作用の懸念あり。

7リン酸アスコルビルMg

経皮吸収性を高めたビタミンC誘導体ですが、効果としては穏やかな部類です。

8加水分解エラスチン

肌の真皮層に分布するコラーゲン同士を結びつける繊維状タンパク質です。ゴム状に伸縮する特徴があり、肌の弾力・柔軟性を維持するために欠かせないタンパク質です。

9ピーナッツ油

10ラベンダー水

11トコフェロール

ビタミンEのこと。脂溶性ビタミンで、植物の光合成により生成される。過酸化脂質の生成を防ぐ抗酸化作用の他、皮膚の角化を促進する働きも。

12カルボマー

カルボキシビニルポリマーのこと。水溶性増粘剤で、1%以下の配合で粘度をコントロールできる。耐塩性がやや低い。

13PEG-60水添ヒマシ油

可溶化を目的に配合。低刺激。水系での透明処方に適す。

14水酸化Na

15カプリリルグリコール

静菌作用を有する保湿剤として使われます。

16フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

販売元による宣伝文

シルク(セリシン)配合の保湿美容液です。肌をツルツルに整えます。毎日の美容のケアにお役立てください。

ビューナ セリペアエッセンスを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。