ビオロジー 泡のクレンジングシャンプー リペアの解析結果 | シャンプー解析ドットコム 

ビオロジー 泡のクレンジングシャンプー リペアの解析結果

ランク:1242位 ポイント:2.03 1mlあたり:11円
ビオロジー 泡のクレンジングシャンプー リペアシュワルツコフ泡で出てくるシャンプーで頭皮も髪もクレンジング。
頭皮のニオイやフケ・かゆみをおさえるとともに、健康的で美しい髪へ導きます。
毎日のシャンプーでは落としきれない毛穴に蓄積した汚れやスタイリング剤も、しっかりクレンジング。
さらに、泡で出てくるタイプで、髪を余計な摩擦から守りながら洗えます。
しっとりやわらかな仕上がりを目指す方は、リペアラインと一緒にお使いください。
  • ビオロジー 泡のクレンジングシャンプー リペアの詳細情報
  • シュワルツコフの関連商品はこちら
  • [JANコード] 4987234351008
  • [ランキング] 1242位
  • [ポイント(5点中)] 2.03点
  • [ジャンル] S
  • [容量] 150ml
  • [参考価格] 1650円
  • [1mlあたり] 約 11円
  • [商品ID] 7410
  • [成分数]26
  • [洗浄剤数]3
  • [エキス類]5
  • [特に優れた成分]0
  • [要注意成分]0

販売元による宣伝文

泡で出てくるシャンプーで頭皮も髪もクレンジング。
頭皮のニオイやフケ・かゆみをおさえるとともに、健康的で美しい髪へ導きます。
毎日のシャンプーでは落としきれない毛穴に蓄積した汚れやスタイリング剤も、しっかりクレンジング。
さらに、泡で出てくるタイプで、髪を余計な摩擦から守りながら洗えます。
しっとりやわらかな仕上がりを目指す方は、リペアラインと一緒にお使いください。

ビオロジー 泡のクレンジングシャンプー リペア解析チャート

ビオロジー 泡のクレンジングシャンプー リペアの解説

クレンジングシャンプーリペアという名前そのまま

強く洗って補修する、という商品名そのままの効果を期待できるシャンプーです。

だからといって品質が高いとは言えませんが。

基本的なベースはラウレス硫酸ナトリウムです。この時点で、ある程度品質はお察しですが、ココアンホジ酢酸2Na、ヤシ油脂肪酸PEG‐7グリセリルの添加で少々暴れん坊な部分の緩和ができていると見ることができます。

ヤシ油脂肪酸PEG‐7グリセリルに関しては補助洗浄剤というより潤滑性付与の目的が強いかもしれませんね。この非イオン界面活性剤には潤滑性をもたらすというある意味で副作用があります。

さらに、ココジモニウムヒドロキシプロピル加水分解ケラチン(羊毛)の配合によってダメージ部分に吸着するタイプの補修効果を得ることが可能となっています。この後出てくる加水分解ケラチン、小麦たんぱくとともに、髪に弾力を与える役割を果たしてくれるでしょう。

ダメージ部分に選択的に吸着するため、質の良いコンディショニング効果として仕上がりを実感できるメリットがあります。

エキスの質も少し良い

カラフトコンブエキスやニオイテンジクアオイエキスの配合、サーマスサーモフィルス培養物、アンズ核油の配合によって、抗酸化作用、皮脂分泌コントロール機能、エモリエント効果などを得ることが可能です。

この辺りのエキスのクオリティーもまずまず悪くないですね。一般的な製品よりも質が高めで効果的なチョイスといえます。

洗浄剤は平凡だが、仕上がりはまずまず上々

シャンプーとしての洗浄剤の質は正直言って大したことありません。これよりも品質が高いものは山ほど存在するでしょう。

ただ、補修効果の部分や植物エキスの質などでクオリティを見出すことができ、仕上がりに関してはボリュームアップ、ハリコシといった要素の改善を見ることができそうです。

ラウレス硫酸ナトリウムベースというのは必ずしも良い洗浄剤ではありませんが、他の添加成分のミックスによって強すぎる洗浄力の緩和が図られていますし、エキスによるスキンコンディショニング効果もまずまず高いので、。ラウレス硫酸ナトリウム系のシャンプーの中では比較的悪くない製品であると思います。

シャンプー全体では当然、上位に入ってくるようなクオリティではないのですが、一定のメリットを期待できる部分があるという印象ですね。

このシャンプーを使うことに必ずしも反対すると言うことにはならないと思います。

質が高いわけではないが、感じは悪くない



ハリ・コシを得るには良い製品である。

    
アルコールの一種で、 2-イソプロピル-5-メチルシクロヘキサノール とも呼ばれる。ハッカに含まれ、清涼感、血行促進作用を付与します。
メントール
・お化粧のクレンジング剤として多用されるヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリルですが、シャンプーに少量含まれる場合は加脂剤、つまりコンディショニング効果を目的として配合されたりします。
ヤシ油脂肪酸PEG‐7グリセリル
・安息香酸Naはエゴノキ科アンソウクコウノキ樹脂由来の抗菌剤で、安全性の面から1%以下の配合量規制。安定性を考えてパラベンを併用することが多い。
安息香酸Na
ケラチンタンパクを加水分解して得たケラチンPPT(ポリペプチド)です。毛髪に馴染みやすく、髪の強度を高めるシスチンを豊富に含有します。
加水分解ケラチン(羊毛)
バラの中でも最も高額で貴重なダマスクローズのオイルです。バラの花が約300万個から1Kgしか抽出できないオイルで、深みのある高貴な香りが特徴。抗菌・抗アレルギー・抗酸化・鎮静作用などを付与します。
ダマスクバラ花油
肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。
グリセリン
ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸ナトリウム塩。肌への浸透性はラウリル硫酸塩より低減しているが、洗浄力は同等に強い。泡立ちは最高級に強いが、必要以上に脱脂してしまうため肌や髪の乾燥を招きやすい。安価で作れる点が最も好まれているが、美容を考えたら歓迎できない成分である。
ラウレス硫酸Na
ココジモニウムヒドロキシプロピル加水分解ケラチン(羊毛)
強い抗酸化作用を持つほか、男性ホルモンを抑制する働きがあることから、皮脂分泌をコントロールする効果を期待できます。また、男性ホルモン由来の男性型脱毛を予防する働きも
ザクロ果汁