h&s シャンプー PRO Series エナジーシャンプーの解析結果

広告

総合点

-0.02

総合ランク

2900個中 2855

成分数

20

植物エキスの数

0

コスパ

0

安全性

0

素材の品質

0

洗浄剤の品質

0

洗浄力

0

髪補修力

0

育毛力

0

使用感の良さ

0

エイジングケア

0

ホワイトニング効果

0

保湿効果

0

スキンケア力

<0

環境配慮

0

浸透力

0

即効性

0

持続性

0

ツヤ感

0

サラサラ感

0

特に優れた素材

0

注意が必要な素材

2
h&s シャンプー PRO Series エナジーシャンプー解析チャート
販売元による宣伝文
NEW ・地肌クレンジング×3ステップでボリュームベールにより髪を太くする「最近髪にハリやコシがなくなってきたな・・・」と思うことはありませんか?ハリ・コシのない髪に・健やかな髪ナイアシナマイド配合* *ニコチン酸アミド・保湿成分・地肌の皮脂や汚れをクレンズ。・ 乾燥・かゆみ・フケを防ぐ。・3ステップでボリュームベールにより髪を太くする。
関連商品
h&s シャンプー PRO Series エナジーシャンプー解析チャート
広告

h&s シャンプー PRO Series エナジーシャンプーの解説

フケを気にする前に洗浄剤を気にせよ

ラウリル硫酸ナトリウムで洗って何かが解決されると思うな

ラウリル硫酸ナトリウム、ラウレス硫酸ナトリウムをベースにするあらゆるシャンプーの中でも最下層のクオリティ。

単に洗浄力がハチャメチャに強いというだけでなく、浸透性も高いため根こそぎ脱脂して肌荒れを引き起こすことで知られるラウリル硫酸ナトリウムがベースです。

その他には有機亜鉛錯体のジンクピリチオン液による殺菌作用やセタノールのような油剤などは配合されますが、ベースの洗浄剤以外はほとんど注目するポイントがないと言っても過言でないほど、ベースがアレです。

地肌トラブルやフケ、髪のハリコシ、どの悩みにもまったく解決策とならないシャンプー。

フケが出てしまうような頭皮の状態に対して、そもそもラウリル硫酸ナトリウムが有効な解決策として使われることはありません。

ベタベタ系の大きなフケの状況には、最初の1回、2回はスッキリ洗えることでメリットがあるように思えそうですが、結果的に頭皮環境を根こそぎ乱すことでデメリットが増大すると考えたほうが良いです。

そもそもラウリル硫酸ナトリウムは、ヨーロッパで石鹸の代わりに使われ始めた際に、硬水中でも泡立ちが良いことで重宝されましたが、肌荒れの患者が続出したことで次第に使われなくなっていった経緯があります。

水道水が軟水である日本では、そもそもラウリル硫酸ナトリウムでは洗浄力が過剰なうえに浸透してしまい、ノーガードで傷めつけられるようなものですから肌を洗うのに全く適していないわけです。

安物のシャンプーを使っていて肌荒れしまくっている美容師さんや、食器洗い洗浄剤で手荒れが著しいケースは、ラウリル硫酸ナトリウムと似た洗浄剤を使っていることで引き起こされやすいのです。

美容師の場合は特に、カラー剤やパーマ液などにもラウリル硫酸ナトリウムがよく登場しますので、これに接する時間、頻度が多いために手荒れリスクが極めて高くなるというわけです。

さて、そんな洗浄剤で洗うことが果たして何を解決するというのでしょうか。

シリコーンが配合されているのは、洗浄剤がダメすぎて仕上がりがバサバサになるからです。

シリコーンが悪いのではなく、洗浄剤が論外なのをカバーするためです。

乾燥やかゆみを防ぐ?という謳い文句が見られましたが、悪い冗談としか言いようがありません。このシャンプーの処方こそが乾燥と痒みを引き起こすのではないですか。

プロシリーズ、という名前も、そう名乗るのは自由ですが冗談がきついというより他ありません。

スカルプエッセンス ダブルブラック