Phiten YUKO シャンプー スキャルプケアの解析結果

Phiten YUKO シャンプー スキャルプケア

総合順位

459

総合得点 5点満点

2.93
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
123000
  • Phiten YUKO シャンプー スキャルプケアの詳細情報
  • phiten/ファイテンの関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 7560
  • [容量] 300ml
  • [参考価格] 2640円
  • [1mlあたり] 約 8.8円
Phiten YUKO シャンプー スキャルプケア解析チャート

Phiten YUKO シャンプー スキャルプケアの解説

シンプルに良いシャンプーの良い例

アミノ酸系ラウロイルメチルアラニンナトリウム、トリエタノールアミンベースの比較的さっぱり系のシャンプーです。

アミノ酸系洗浄剤ベースということで、コンディショニング効果も期待できる点、皮膚、粘膜刺激性が非常に低い点がメリットとして挙げられます。

また、メントール配合で清涼感をアップし、ケラチン、大豆たんぱく配合でコンディショニング効果をさらに高めています。

一つ特徴としてこの成分が得意とする微生物や真菌類への殺菌効果も付与されていることがわかりますね.

この成分、殺菌剤ですが人体への影響は少ないという特徴があります。頭部白癬を患っている、とまでいかなくても、頭皮のトラブルを予防するという観点で使われるのは悪くないアイディアでしょう。

とてもシンプルだがバランスが良い

この他には豆乳発酵液の配合がある程度で、シャンプーとしてはとてもシンプルな構成と言える内容に仕上がっています。

シンプルですが頭皮にも髪にもある程度ストレスを与えずに洗えるという点は評価に値するでしょう。

突出したスキンケア効果やヘアケア機能があるわけではありませんが,最低限のアイテムでしっかりバランスの良い処方が取られているという点はありそうでない良い商品であるな、と思いますね。

どちらかといえばスキンケア重視の方に,特にお勧めできるシャンプーかと思います。

前述したような殺菌効果だったり、豆乳発酵液による必死の分泌量コントロールなども期待できますので、基本的には悪くないジャンプだと思います。

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。
フェノキシエタノール
殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。
エタノール
アルコールの一種で、 2-イソプロピル-5-メチルシクロヘキサノール とも呼ばれる。ハッカに含まれ、清涼感、血行促進作用を付与します。
I-メントール
アミノ酸型洗浄剤の中で中性タイプといえる素材。洗浄力とコンディショニング効果のバランスが良く、比較的さっぱり系の洗い心地と指通りを得ることもできるでしょう。アミノ酸系シャンプーを欲しいがあまりしっとりさせたくない時に適する。
ラウロイルメチル-β-アラニンナトリウム液
主に羊毛ケラチンが用いられる。髪の弾力・コシを与える効果ある。
加水分解ケラチン液
大豆たん白加水分解物

温和なアミノ酸系で、バランス良い

販売元による宣伝文

すこやかな髪へ
「フケやかゆみ」「切毛や枝毛」「頭皮のベタつき」「頭皮のニオイ」などが気になる方に。"頭皮環境″を整えるケア!
頭皮への負担の少ないアミノ酸洗浄成分配合。ノンシリコーンタイプで、うるおいを守りながら優しく洗い上げます。