SUPERFOOD LAB BIOTIN + SCALP SHAMPOO(スーパーフードラボ ビオチン+スカルプシャンプー)の解析結果

SUPERFOOD LAB BIOTIN + SCALP SHAMPOO(スーパーフードラボ ビオチン+スカルプシャンプー)

総合順位

880

総合得点 5点満点

2.33
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
4631710
  • SUPERFOOD LAB BIOTIN + SCALP SHAMPOO(スーパーフードラボ ビオチン+スカルプシャンプー)の詳細情報
  • SUPERFOODLAB, INCの関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 6596
  • [容量] 480ml
  • [参考価格] 1512円
  • [1mlあたり] 約 3.15円
SUPERFOOD LAB BIOTIN + SCALP SHAMPOO(スーパーフードラボ ビオチン+スカルプシャンプー)解析チャート

SUPERFOOD LAB BIOTIN + SCALP SHAMPOO(スーパーフードラボ ビオチン+スカルプシャンプー)の解説

大した事のなさ

スーパーフードシャンプー、と言われたら、間違いなくマイルド、どころか食品レベルの安全なシャンプーなのではと考える人がいても不思議じゃない。

この際、この名称は忘れて中身をただただ見てみましょう。

いろいろとエキスの主張が強い全成分ですが、大半を占めているのは洗浄剤とその仲間たち。
ココイルグルタミン酸TEA、オレフィンスルホン酸Naがその代表です。
この2つの洗浄剤の組み合わせは頻出で、互いの欠点を補い合うような性格からよく登場します。

ココイルグルタミン酸TEAだけでは、マイルドだがベタっとして泡立ちにくい。
オレフィンスルホン酸Naは単体では脱脂力、起泡力が強すぎるが、
2つを合わせるとうまい具合に調和するような面があります。

まぁ、本当に質の良い洗浄剤と比べると数段落ちるクオリティとなりますが・・。

それに、オーガニックとか植物由来100%とか謳う商品にお決まりのように配合されるオレフィンスルホン酸Naがそもそもイメージにそぐわない。
脱脂力が強力で、ほぼラウレス硫酸ナトリウムと同様の成分だからですね。
悪意はないにせよ、オレフィンスルホン酸Naやら石鹸やらを天然由来というなら、天然由来であることはメリットとは言えないのではないか。
嫌われがちな石油由来のほうがよほど低刺激なもの、分解性がよいものまであり、そもそも毒性や刺激性がないように狙って作られているのですから。

スーパーフードと言われるエキス類などの配合は魅力的ですが、洗浄剤の質がそうでもないのでメリットが十分に活かされるとは言いづらい。
なおかつ、オレフィンスルホン酸Naをはじめとした脱脂力の強い系で洗い流されるのですから尚更分が悪いというわけです。

生姜根油やゼラニウムといった油系はまだ残りやすくメリットが多少ありますが。

総じて見ると、スーパーフードやらビオチンといった添加剤の話以前の問題で却下、となる可能性高し。

名称に惑わされず、中身を冷静に見て判断すべき。



そうすると、以外な欠点も露見します。

販売元による宣伝文

集中スカルプケアで頭皮のかゆみやフケを抑えながら、すっきりと健やかな髪へ。
スーパーフードに加え、8種類の美髪(ハリコシ)エキスを配合。
5つのフリー処方※で敏感肌の方にもお使いいただけます。
※パラベンフリー、サルフェートフリー、ラウレスフリー、動物由来原料不使用、合成着色料不使用